ピースライブ 魂の出会い 五十嵐正史vs.よう介。芸術村のライブがCDになりました。勇造の息子ふたりが火花を散らしながら、熱く歌ったトリビュートライブ。 1000円※ピースライブ会場で販売

Peace Liveな日々

豊田勇造ライブつながりのミュージシャン、 役者のライブレポートとを載せていきます。

2017バナー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知念良吉

11月27日(日) 東京琉球館(駒込)

実は他に目的があった。中川五郎さんが書いた小説が琉球館にあると聞いて、ぜひ読ませてもらいたい。ビレッジプレスの村元武さんが編集していた「フォークリポート」に掲載されて定期購読者にまで警察の捜査が及んでいる。著者の中川五郎さんはいきなり被告席に。最高裁まで争い負けている。村元さんの本で知った次第。
琉球館ではちょうど知念良吉さんのライブがあるので聞きにいった。ここのところ沖縄が大変な状況なのに琉球館に行ってない。何か後ろめたいものを感じながら行ってみると、予約扱いにしてくれた。これで一杯多く飲もう。知念さんはボランティアので歌うことが多いそうだ。高江の状況も「やらなければいけないし、やりすぎてもいけない」お客さんには沖縄関係の集会のチラシを配る人も。僕は『あさとやゆんた』はユルい知念さんバージョンが大好きなのだ。知念さんは東松山の蚕小屋に出たいのでCDと資料をちくまさんに渡してほしいと頼んだ。おやすいご用。ラストは僕のリクエストで『夕闇バンドのロックンロール』。
島袋マカト陽子さんに本命の小説の題名をなかなか言えずにいると「“ふたりのラブジュース”でしょ、ウチにはないのよ」さすがウチナンチュウ。
第二の本命は陽子さんの手料理。それから洗顔クリームを買った。いじょんみさんも使っている。
IMG_1654.jpg

あの記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://peacelive.blog119.fc2.com/tb.php/872-f468e2a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
月別アーカイブ

最近の記事
プロフィール

Egami

Author:Egami
イラスト rupo乱
豊田勇造さんをメインに浦和でPeace Liveという音楽イベントをやっています。

リンク
PeaceLiveなつぶやき

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。