ピースライブ 魂の出会い 五十嵐正史vs.よう介。芸術村のライブがCDになりました。勇造の息子ふたりが火花を散らしながら、熱く歌ったトリビュートライブ。 1000円※ピースライブ会場で販売

Peace Liveな日々

豊田勇造ライブつながりのミュージシャン、 役者のライブレポートとを載せていきます。

2017バナー

碧(よう介 & take)

11月26日(土) のろ(吉祥寺)
IMG_1647.jpg
よう介さんとtakeさんの関係は面白い。takeさんは、突然僕の前に現れた。よう介さんの同級生だったとも知らずに。決定的な仲間割れはなかったが、お互い難しいところがある。どうして長続きしているのか。そして僕も碧(よう介 & take)を追って長続きしている。勇造さん、ソウブラ、飯浜さん、僕と時間を共有できる数少ないミュージシャンだ。
6枚目のアルバムのタイトルは『6』。時間をかけてレコーディングしているだけに、ずっと楽しみにしていた。そして今回のレコ発ライブは「のろ」でのみ。ここに意気込みを感じることができる。
碧(よう介 & take)のいいところは古い曲を録り直すところ。自分たちの作品を大事にしている。『リトルインディア』『草原の少女』『開国の扉』その歌を初めて聴いた会場を思い出す。『夢見る夜の真ん中で』は五十嵐さんがカバーした東浦和を思い出した。
客席にはよう介さんの好敵手、五十嵐正史さん。梅田ゆかりさんも。乳酸菌からは、ゆうじさん。後から堀ちえさん。梅田さんと堀ちえさんが隣あわせ。二人ともおやじたちの継続のモチベーションだ。
「Sさんという人が勝手に歌詞を付け加えたんですが、気に入ったので歌っています」とは『あふれる花』。インディーズチャートでトップを穫った歌だ。もしヒットしたら権利関係をきちんとしなければ。
マスターの加藤さんはキッチンから出てきてじっと聴いていた。
やっぱり今の碧(よう介 & take)なら『氷』。力が入っていなくて、聴く方もグラスの氷を見ているような。takeさんのガットギターがのろにぴったりだった一夜。
IMG_1646.jpg

あの記事に対するコメント


久しぶりにコメントします!
よう介さん,「あふれる花」の3番を唄っててくれてるんですね。とっても嬉しいです!
孫が生まれた年のクリスマスに,孫をイメージして自然にできた歌詞です(^^)
ウクレレで初めて弾き語りを練習した曲なのですが,まだオープンマイクでは唄ったことないのです。シンプルなメロディで唄うのが難しいです。
【2017/06/03 21:42】 URL | スズキ #f3g/b1UA [ 編集 ] top

Re: タイトルなし
スズキさん、サボっているブログにコメントいただきありがとうございます。もうだれも読んでくれないと思っていました。
ほんとにピースライブまでになんとかしたいです。「あふれる花」は必ず3番まで歌っています。1番2番ととてもあっていると思います。自分が作ったらこうなるんじゃないかと。
【2017/06/06 07:18】 URL | Egami #- [ 編集 ] top


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://peacelive.blog119.fc2.com/tb.php/870-7a47fec7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
月別アーカイブ

最近の記事
プロフィール

Egami

Author:Egami
イラスト rupo乱
豊田勇造さんをメインに浦和でPeace Liveという音楽イベントをやっています。

リンク
PeaceLiveなつぶやき

ブログ内検索