ピースライブ 魂の出会い 五十嵐正史vs.よう介。芸術村のライブがCDになりました。勇造の息子ふたりが火花を散らしながら、熱く歌ったトリビュートライブ。 1000円※ピースライブ会場で販売

Peace Liveな日々

豊田勇造ライブつながりのミュージシャン、 役者のライブレポートとを載せていきます。

2017バナー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よう介

4月1日(金) 36°5(幡ヶ谷)

365のドアを開けると受付は、劇団乳酸菌のぎゅうさんだった。ほりちえさんは客としてきていた。ステージの前半は元乳酸菌の水野裕さん。歌いながら感動で声を詰まらせているのかと思ったら、花粉症だそうだ。それより体型が戻っていることが気になる…。
乳酸菌団長よう介さんは、ハトのヤマハで『鳩の山葉』で始まった。「さおを替えます」といってガットギターも弾く。僕が生まれた1965年製のものだ。ドラマチックな『黒潮叫び唄』は初めて聞いた。後ろの幕は、僕とよう介さんが出会った頃に見た覚えがある。はじめは素朴な歌うたいだと思っていたが、何度もライブに誘われるうちに、他の人にない強烈なセンスに気づきはじめた。久しぶりの聞いた『丘の上の小さなカフェ』でそんなことを思い出した。その頃は芝居をやるなんて思いもしなかった。僕が聞きに行くと歌ってれる『レール』が今夜もうれしい。ステージ衣装がおしゃれでドラマチックな曲構成は演劇のシナリオがあったか。ぎゅうさんの料理、なかなか酒に合う。
Tags: よう介

あの記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://peacelive.blog119.fc2.com/tb.php/833-4e09ca04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
月別アーカイブ

最近の記事
プロフィール

Egami

Author:Egami
イラスト rupo乱
豊田勇造さんをメインに浦和でPeace Liveという音楽イベントをやっています。

リンク
PeaceLiveなつぶやき

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。