ピースライブ 魂の出会い 五十嵐正史vs.よう介。芸術村のライブがCDになりました。勇造の息子ふたりが火花を散らしながら、熱く歌ったトリビュートライブ。 1000円※ピースライブ会場で販売

Peace Liveな日々

豊田勇造ライブつながりのミュージシャン、 役者のライブレポートとを載せていきます。

2017バナー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田口史人『円盤レコード寄席』

8月12日(水) クークーバード(北浦和)

ビートルズ登場の衝撃を疑似体験するという企画。1963年の『ロック・アラウンド・ロック』以降のヒットチャートのトップのサビを延々とかけて1963年のビートルズの「抱きしめたい」、「シーラブズユー」、「キャント・バイ・ラブ」に到達するという企画。高円寺の円盤店主である田口史人さんは、少年時代に聞いたラジオのヒットチャート番組で同じような企画があったのを録音していて、それを〝日本版〟で再現してみたいということだ。
ビートルズ企画ということだけあって、15席プラスα。小さめの段ボール箱には、きっしりとシングル版がつまっている。聞いていると実におおらかなナンバーワンたちだ。プレスリーに知らない歌もあった。意外にもインストがけっこうあるし、多国籍。その中には坂本九の『スキヤキ』も。田口さんの話芸は音楽のじゃまにならないところがいい。2台のターンテーブルに盤を交互に。前の方に座っている僕はジャケットのデザインが楽しめた。文字が自由でのびのびしている。結末は、わかっていてもいきなりビートルズがくると、今でもときめくなぁ。『ア・バードでイズ・ナイト』だけフルコーラス。

あの記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://peacelive.blog119.fc2.com/tb.php/781-21043f7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
月別アーカイブ

最近の記事
プロフィール

Egami

Author:Egami
イラスト rupo乱
豊田勇造さんをメインに浦和でPeace Liveという音楽イベントをやっています。

リンク
PeaceLiveなつぶやき

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。