ピースライブ 魂の出会い 五十嵐正史vs.よう介。芸術村のライブがCDになりました。勇造の息子ふたりが火花を散らしながら、熱く歌ったトリビュートライブ。 1000円※ピースライブ会場で販売

Peace Liveな日々

豊田勇造ライブつながりのミュージシャン、 役者のライブレポートとを載せていきます。

2017バナー

劇団チャリカルキ『麗しララバイ』ゲスト五十嵐正史ソウルブラザーズ


7月14日(火) みくにまる(新宿)

この芝居も三回目だ。前の二回は40代だった。チャリカルキ全国ツアーのラストのゲストは五十嵐正史とソウルブラザーズだ。今まで五十嵐さんだけをゲストに読んだことはあるけれど、ビーグル大塚さんがソウブラ自体に注目してくれたのは、うれしいこと。ちゃんと人を見て、バンドを観ている。そしてソウブラの演奏にちょうどいい場所でゲスト出演。
ところで僕は開演前に近くの模索舎に寄った。同じビルの2階の写植屋でアルバイトしていたのは30年前だ。20歳の夏の記憶は、暗室の赤い電球。今はカレー屋になっていた。このカレーがまたおいしかった。
チャリカルキに久しぶりに合流した54歳の森圭吾さんの存在が、今回のツアーのキーだと思っている。同じ芝居を3階も観られたのは燐光群以来。
歳をとった長男で独身というのは、僕にも共通している。ヒーローショーをリアルタイムで観ているのも。わがままな子どもに戻るところはこの芝居の核だと思う。
ラブコメばかり書く大塚さんの本に、一時期嫌気が差していたけれど、いつの間にか突き抜けたものがある。続けることは大事なんだ。

あの記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://peacelive.blog119.fc2.com/tb.php/775-032da95c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
月別アーカイブ

最近の記事
プロフィール

Egami

Author:Egami
イラスト rupo乱
豊田勇造さんをメインに浦和でPeace Liveという音楽イベントをやっています。

リンク
PeaceLiveなつぶやき

ブログ内検索