ピースライブ 魂の出会い 五十嵐正史vs.よう介。芸術村のライブがCDになりました。勇造の息子ふたりが火花を散らしながら、熱く歌ったトリビュートライブ。 1000円※ピースライブ会場で販売

Peace Liveな日々

豊田勇造ライブつながりのミュージシャン、 役者のライブレポートとを載せていきます。

2017バナー

勇造バンド クリスマスライブ

12月20日(土) 拾得(京都)

階段から降りてくる勇造さんと、ばったり。スタート直前に入れた。久しぶりの拾得は、自分へのクリスマスプレゼントのつもりだったけど、本当にプレゼントが当たった。ラオスの少数民族の刺繍が入ったポシェットだ。当たる予感はあった。
五十嵐正史とソウルブザーズの森田博さんが、ゲストとしてステージに。仲豊夫さんとツインリードだ。仲さんはテレキャスターのとんがった音で、森田さんは勇造さんの赤いセミアコを弾いたのだ。性格が優しいギタリスト同士の気持ちいい対話だ。
昔は若さにまかせた「地酒松風」も、さわやかな風になっていた。でもジェフベックはあいかわらずだ。変化はあってもパワーは衰えず。老いてこそロック。
翌日、京都円山音楽堂の見学も兼ねて、しばし京都観光だ。ぜんぜん寒くない日。昼飯に入った喫茶店でコゲ目の入ったオムライスに遭遇。俄然食欲が出た。
夕方には世紀のサプライズがあった。これは僕に直接聞いてほしい。短い時間の中で展開が速い旅だった。



テーマ:生きるための歌 - ジャンル:音楽

あの記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://peacelive.blog119.fc2.com/tb.php/76-11edc136
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
月別アーカイブ

最近の記事
プロフィール

Egami

Author:Egami
イラスト rupo乱
豊田勇造さんをメインに浦和でPeace Liveという音楽イベントをやっています。

リンク
PeaceLiveなつぶやき

ブログ内検索