ピースライブ 魂の出会い 五十嵐正史vs.よう介。芸術村のライブがCDになりました。勇造の息子ふたりが火花を散らしながら、熱く歌ったトリビュートライブ。 1000円※ピースライブ会場で販売

Peace Liveな日々

豊田勇造ライブつながりのミュージシャン、 役者のライブレポートとを載せていきます。

2017バナー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花房青也ひとり芝居『旬か秋冬』

3月21日(土) 音や金時(西荻窪)

かつて花房徹さんは能をやっていた。青也さんのヒッフポップダンスは無意識に父の舞をなぞっているように思
える。能面をつけてのダンスのあと、無茶苦茶な白塗りに隈取りで襲名披露口上香川照之のパロディ。存在感のある父を持つ点は共通しているが、それを逆手にとった独自の演出は花房徹の息子ならでは。得意のダンスも精進しながら人物描写を続けてほしい。お父さんにも終わりがないテーマだったと思う。ただ顔を塗るならアクリル絵の具。ロードウォリアーズが証明している。
民族音楽、朗読と多彩な演目がひしめく音や金時の役者の枠は限られている。故・花房徹さんはそれを守ってきたが、ひとり芝居で跡を引き継いだ息子はどうだろうか。たぶん飄々とやる。僕の確信は的中した。ただ彼を支えた、演出家の本多ハルさん、イラストレーターの兄の樹(いつき)さんたちは緊張していた。金時のオーナーも固唾をのんで見守っていた。


あの記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://peacelive.blog119.fc2.com/tb.php/742-c767b028
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
月別アーカイブ

最近の記事
プロフィール

Egami

Author:Egami
イラスト rupo乱
豊田勇造さんをメインに浦和でPeace Liveという音楽イベントをやっています。

リンク
PeaceLiveなつぶやき

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。