ピースライブ 魂の出会い 五十嵐正史vs.よう介。芸術村のライブがCDになりました。勇造の息子ふたりが火花を散らしながら、熱く歌ったトリビュートライブ。 1000円※ピースライブ会場で販売

Peace Liveな日々

豊田勇造ライブつながりのミュージシャン、 役者のライブレポートとを載せていきます。

2017バナー

碧(よう介 & take)

3月11日(水) 大陸バー彦六(高円寺)

碧レコ発2days。両方行ったのは僕だけだ。よう介さんとtakeさんのどちらかでも嫌いな場所ではライブはできない。さよならする場所もあれば、新しく出会う場所もある。彦六は泡盛の白百合がある、僕も大好きな居酒屋。そのたたずまいはまるで昔住んでいたアパートにいるような心持ちなのだ。その彦六からレコ発は「ぜひウチでも」とオファーから実現したライブ。
ゲストは幡ヶ谷の36°5にも出演し、『スタート』のジャケットもデザインした、どさんぴんさん。53歳にしてセンチメンタルな歌を創り歌えることがポイントの人。よう介さんもtakeさんも兄貴のように慕っているし、どさんぴんさんも、二人をとてもリスペクトしている。碧(よう介 & take)にとって実にいい関係で、今回のCD『スタート』にぴったりの場所だ。レコ発の記念してか劇団乳酸菌のぎゅうさんは、ハマり役のタクヤとはちがい不意をつくかのように女の子の装い。よう介さんを兄貴としたう、ゆうじさんもちゃぶ台を囲んでいる。彦六に捧げるように久しぶりの『ホーム・スイート・ホーム』が聞けた。
0311hikoroku2015_1.jpg


あの記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://peacelive.blog119.fc2.com/tb.php/738-fc6b33c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
月別アーカイブ

最近の記事
プロフィール

Egami

Author:Egami
イラスト rupo乱
豊田勇造さんをメインに浦和でPeace Liveという音楽イベントをやっています。

リンク
PeaceLiveなつぶやき

ブログ内検索