ピースライブ 魂の出会い 五十嵐正史vs.よう介。芸術村のライブがCDになりました。勇造の息子ふたりが火花を散らしながら、熱く歌ったトリビュートライブ。 1000円※ピースライブ会場で販売

Peace Liveな日々

豊田勇造ライブつながりのミュージシャン、 役者のライブレポートとを載せていきます。

2017バナー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五十嵐正史とソウルブラザーズ

2月28日(土) スペースC(大森)

子どもの頃。父は勤め先で勤続20周年の表彰状をもらったばかりの頃、思い切って買ったであろうソニーのテープレコーダーはまぶしかった。母はダークダックスの25周年のカセットボックスを通販で買って、うれしそうに聞いていたが、僕には学校の音楽の時間に習うような歌ばかりで25年も続けたなんて、さぞや息苦しいだろうと思った。
自分たちが唄いたい歌を作って演奏してきた五十嵐正史とソウルブラザーズは今年25周年。しかし世の中悪くなるばかりで、本当の五十嵐さんは歌はさらに進化するかも知れない。果たして25年が長いのか、今ひとつピンと来ないから振り返るには早すぎる。
この日は、スペースCの特製ハンバーグ定食を食べるつもりでいたが、ドリンクのみ。翌日の大量注文に備えての措置のようだ。ソウブラの歴史が染み付いたスペースCももうすぐ20年になるという。誇るべきは25年の歴史よりソウブラがこの場所を守ってきたことだ。この場所なくしてソウブラもないと思う。ゲストの前田悠平さんのティンホイッスルはますます冴えるばかり。突然きた『抵抗の歌』。振りのタイミングが合わず焦っている僕はいよいよ今年50歳になるなぁ。
0307spaceC_omori2.jpg


あの記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://peacelive.blog119.fc2.com/tb.php/734-11b12ede
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
月別アーカイブ

最近の記事
プロフィール

Egami

Author:Egami
イラスト rupo乱
豊田勇造さんをメインに浦和でPeace Liveという音楽イベントをやっています。

リンク
PeaceLiveなつぶやき

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。