ピースライブ 魂の出会い 五十嵐正史vs.よう介。芸術村のライブがCDになりました。勇造の息子ふたりが火花を散らしながら、熱く歌ったトリビュートライブ。 1000円※ピースライブ会場で販売

Peace Liveな日々

豊田勇造ライブつながりのミュージシャン、 役者のライブレポートとを載せていきます。

2017バナー

碧(よう介 & take)

3月6日(金) のろ(吉祥寺)

ソウブラの後塵を拝しすも吉祥寺のろが、すっかり自分たちの場となったよう介さんとtakeさん。マスターの加藤さんは音楽の評価も高いけど、ときどき飲みに来るところで人物もみている。本当は昨年中に出したかったという『スタート』を聞いた印象は、ギターを放り投げているジャケットにも表れているけど、気持ちが前面に出ている。ギターは本当にこわれてしまった。でも暴力的なものは感じない。壊したかったのは、今までの自分たちか。碧(よう介 & take)結成7年目。いままでの作品も時間をかけてきたが、一層時間をかけたことも聞いていてよくわかる。
ライブのチラシには、こわれたギターの裏面の木目があしらわれていた。碧(よう介 & take)の演奏は大人。歌もギターも。だから大人の場所が必要。のろは小さな場所だけど、気持ちよく演奏しているのがわかる。『アンダーウェアブルーズ』も僕はマスターの加藤さんとそんな話をしたことを思い出した。客席には盟友五十嵐さん、飯浜さん。梅田さんは加藤さん特製の大きなおにきりを頬ばっていた。つき合いが長い人たちが集まった。
0306aoinnoro2.jpg


あの記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://peacelive.blog119.fc2.com/tb.php/733-f1c3ceab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
月別アーカイブ

最近の記事
プロフィール

Egami

Author:Egami
イラスト rupo乱
豊田勇造さんをメインに浦和でPeace Liveという音楽イベントをやっています。

リンク
PeaceLiveなつぶやき

ブログ内検索