ピースライブ 魂の出会い 五十嵐正史vs.よう介。芸術村のライブがCDになりました。勇造の息子ふたりが火花を散らしながら、熱く歌ったトリビュートライブ。 1000円※ピースライブ会場で販売

Peace Liveな日々

豊田勇造ライブつながりのミュージシャン、 役者のライブレポートとを載せていきます。

2017バナー

飯浜ゆきこ

7月30日(水) MANDALA2(吉祥寺)

0730iihama2.jpg
カウンターでビールをもらおうとしたら、五十嵐正史さんに声をかけられた。豊田勇造さんを聞く時は、いつも前の方で観るてけど、なぜか一番後ろのテーブルだ。昔、高田渡さんがライブ前から呑んでいて目が飛んでいた場所でもある。平日のマンダラ2にしては、まあまあの入り。五十嵐さんは、最初の出演者から聞いているという。「このバンドはなかなかですよ」。飯浜さんの直前にあわせてきた僕は、のろに寄ってフルコース(やきうどん、やき油あげ、届いたばかりのスイカ)を食してきた。
飯浜さんが出て来たら前の方に行くのかなと思ったら、動かなかった。マンダラロックを片手に「ずっと変わらないですよ」。「ピックアップ付けたのは正解」と同年代の歌うたいを受け止めるにはちょうどいい距離かも知れない。
しんみりムードだった前回に比べると、トークでもすぐに人の心をつかむ、歌もギターもカラっとした夏の飯浜さん全開のステージ。後ろの方で聞いていると、みんな聞き入っているのもがよくわかる。マンダラ2でもなかなかない時間だ。最後は五十嵐さんも『歩こう』をいっしょに歌った。これもなかなかない時間。
そして五十嵐さんは、ついにある構想をぶちまけた。それには僕も動かずにはいられない。
with2.jpg右端の方はあどあきさんというミュージシャン。ハイライトにマッチで火を点ける人。


あの記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://peacelive.blog119.fc2.com/tb.php/686-0df38269
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
月別アーカイブ

最近の記事
プロフィール

Egami

Author:Egami
イラスト rupo乱
豊田勇造さんをメインに浦和でPeace Liveという音楽イベントをやっています。

リンク
PeaceLiveなつぶやき

ブログ内検索