ピースライブ 魂の出会い 五十嵐正史vs.よう介。芸術村のライブがCDになりました。勇造の息子ふたりが火花を散らしながら、熱く歌ったトリビュートライブ。 1000円※ピースライブ会場で販売

Peace Liveな日々

豊田勇造ライブつながりのミュージシャン、 役者のライブレポートとを載せていきます。

2017バナー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊田勇造with続木徹、ストローハッツボーイズ、森田博

6月22日(日) MOJO(所沢)
IMG_0632.jpg
遅れて会場のMOJOに着くと『アンコールへの道』が始まっていた。ビレッジプレスの五十嵐さんがいた。主催の佐久間さんも久しぶり。受付を済ませ、所沢の地ビール、野老ゴールデンを注文した。埼玉で自慢できるものは、中南米マガジンと松田のマヨネーズにこの野老ゴールデンだ。うれしいことにMOJOではえびせんが食べ放題。ちょうど『アンコールへの道を』歌ってたところ「俺のポシェットをあけたのもこんな子やった」と、前を見ると子どもたちか陣どっている。会場の中ほどに大きな柱があって、ステージが見えにくくても家族連れが気軽に楽しんでいる。ソウブラの森田さんも柱の陰に。窓ガラスに映る姿を見ながら聞いた。
所沢のライブも気がつくと5年目だそうだ。今年もゲストはストローハッツボーイズ。ボーカルの人は橋下大阪市長に似ている。でも歌う姿はぜんぜんイカしている。
一抹のさびしさは、やっぱり自分がライブを休んでいるせいか。
ピアノの続木さんが「このあいだのマンダラ2は、いままで一番ええ音やったんやないかな」と言うと勇造さんも「ほんま、そやった」。う〜、行けばよかった。
MOJOにはいろいろなミュージシャンが演奏する。『傷だらけの天使』の井上堯之さんのチラシは衝撃だった。
IMG_0625.jpg
IMG_0630.jpg
スカッとさわやか、野老ゴールデン。店売りはちょっと値がはる。



あの記事に対するコメント


また江上さんがやる時は埼玉へ聴きに行きます!
どんなに演奏が良くてもマンダラは嫌なのです。地下は落ち着かず、六本木のCLUBみたいな内装が気にいりません(^_^;)
所沢mojo、地元バンドの色もあってガヤガヤしたファミリー感ありますね。森田さんノビノビ演奏が嬉しい。
ですが私の好きな勇造LIVEは、静かな客席の一人一人の思いに沁み渡っていく素朴な手触りのギターと温かい声。岩手以外だと、忘れられないのは浦和。だから又行きます(^^)
【2014/07/02 15:28】 URL | スズキ #f3g/b1UA [ 編集 ] top


スズキさん、ありがとうございます。
そんな見方をしていただけるなんて、うれしいことです。マンダラ2の勇造さんのライブと比べられると引け目を感じていたので、浦和でも早く再会したいです。
【2014/07/02 20:40】 URL | Egami #- [ 編集 ] top


勇造さん、ご当地ならではのLIVEの雰囲気を作るのがすごく上手ですね。土地ごとに選曲もガラっと変わり。
一番近い吉祥寺マンダラ2くらいしか以前は知らず、もったいないことしました。
行ってみたいのは北海道と四国のLIVE(^^)
今年の東北ツアーは10月半ばです。
神経痛どうぞお大事に。
【2014/07/03 10:30】 URL | スズキ #f3g/b1UA [ 編集 ] top


僕は今年の東北ツアー、ぜひ行きたいです。
【2014/07/03 19:32】 URL | Egami #- [ 編集 ] top


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://peacelive.blog119.fc2.com/tb.php/681-b2960bb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
月別アーカイブ

最近の記事
プロフィール

Egami

Author:Egami
イラスト rupo乱
豊田勇造さんをメインに浦和でPeace Liveという音楽イベントをやっています。

リンク
PeaceLiveなつぶやき

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。