ピースライブ 魂の出会い 五十嵐正史vs.よう介。芸術村のライブがCDになりました。勇造の息子ふたりが火花を散らしながら、熱く歌ったトリビュートライブ。 1000円※ピースライブ会場で販売

Peace Liveな日々

豊田勇造ライブつながりのミュージシャン、 役者のライブレポートとを載せていきます。

2017バナー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鼻炎トリオ、五十嵐正史とソウルブラザーズ

6月1日(日) 南風楽天(高槻)
bien_soulbros.jpg
2009年。豊田勇造さんの60歳60曲の円山音楽堂コンサートがあった年であり、その前に、五十嵐正史さんと、よう介さんが対決したライブがあった。そして僕に癌が見つかった。あれから5年。毎年関西に来ている。
高槻の南風楽天に着くと五十嵐正史さんが「ちょうど、始まるところです」と出迎えてくれた。「今日はシングルベッドに枕を並べて寝ますよ」「う〜」今年の宿は高槻のビジネスホテルだそうだ。
僕は、代々木のラオスフェスティバルで買った帽子、あるぽらんマスター佐々木さんの版画Tシャツに、肩から飯浜ゆきこさんにぬってもらった紅型布のバック。「はでやわ〜」と、さくらさん。
五十嵐正史とソウルブラザーズは、梅田ゆかりさんは別として前日から、山崎のサントリー、食堂の西村亭でと相当飲んでいるらしい。その方が調子がいいバンドだ。
客席は、すでにいっぱいだった。一年ぶりの顔かちらほら。クリーミーエビスをゲットして席を確保。バイトの女の子が変わっている。そしてバザーの品も例年通り、勇造さんのオフィスからの出物あり。そして今回は、このライブのためのTシャツが売られていた。デザインは、チラシまんまだけど、黒地に白で似顔絵をネガになっている。かろうじて誰だかはわかる。
僕が高槻まで来た理由は、ある一瞬のためにあると言っていい。それが「抵抗の歌」のふりだ。まるで七夕のような瞬間。今年も五十嵐さん、やってくれた。しかし僕も力みすぎて、タイミングを外した。申し訳ないが、酔っぱらったせいもあって、ここからソウブラが『風にくちづけ』の他にどんな曲をやったのか、よく覚えていない。覚えているのは、関西ですごい人気のバンドであるということをあらためて認識できた。毎年思うのは、この人気が東京であったら。
鼻炎トリオは、反核バージョンで徹底するもエゴを感じない。観客を楽しませるのみ。キャロルも、アナーキーもパロディに。『おっさんのブルーズ』も出し惜しみせず、カンチさんだけしかできない『一本いっとくだけで良かったのに』。
今年ストラト対決となった森田さんは、思いを込めて弾く。それ対して砂布さん、しゃべるようにフレーズを奏でていた。キムラさんと浅田さんはのベースはお互いなじんでいる。名手有馬さんのずれるリズムに対して、手拍子は正確な梅田さんのタンバリンに合わせた。三女が生まれたばかりという山村さんの三線は、毎年彼を目当てに聞きにくる人がいるくらい光っている。
打ち上げの途中、会場になぜか2月に死んだ母の気配を感じた。
そして打ち上げの途中、我らが勇造さんが、南風楽天にやってくるという連絡が入り、本当にきた。母には亡くなる一ヶ月ほど前に、以前勇造さんのライブで途中で帰ったことを僕は怒って文句を言ってしまったのだ。関西まで謝りにきたのだろうか。南風楽天の牧野さんは、翌朝山登りするということで、23時前に店を出た。
soulbros.jpg
igarashi_kanchi.jpg
Bientorio.jpg




あの記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://peacelive.blog119.fc2.com/tb.php/674-bdf16c71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
月別アーカイブ

最近の記事
プロフィール

Egami

Author:Egami
イラスト rupo乱
豊田勇造さんをメインに浦和でPeace Liveという音楽イベントをやっています。

リンク
PeaceLiveなつぶやき

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。