ピースライブ 魂の出会い 五十嵐正史vs.よう介。芸術村のライブがCDになりました。勇造の息子ふたりが火花を散らしながら、熱く歌ったトリビュートライブ。 1000円※ピースライブ会場で販売

Peace Liveな日々

豊田勇造ライブつながりのミュージシャン、 役者のライブレポートとを載せていきます。

2017バナー

五十嵐正史とソウルブラザーズ

4月19日(土) スペースC(大森)
0419spaceC.jpg
電動車いすの姉御は、遅れてやってきた。客席には五十嵐さんの職場の人、利用者がそぞろ集まり、まず美味しい料理に集中する人もいる。いつものスペースCライブが始まりだ。しかしこの日、心は特別にざわめいていた。阿佐ヶ谷あるぽらんで収録された映像が流れる日でもあった。テレビに映るかも知れない。
テレビ放送を心待ちにしながらも、新曲『デモクラシ』や、『廃炉』『その日暮らしのラブソング』で、楽しめた。五十嵐正史とソウルブラザーズが、来年25周年を迎えると聞いたとき。僕は何周年からこのライブに来ているのかと考えるうちに、いろいろなことを思い出した。大病、選挙、友人の死、母の死。
五十嵐さんの職場の存続も危ぶまれたという。同じ時間はどこにもないのに、この大森スペースCに通い続けさせるバンドの存在は、あらためてスゴいと思った。
あるぽらんは、10位。ソウブラは全員は映らなかった。
かつて豊田勇造さんは言った「テレビなんて嘘ばっかりや」。不肖の弟子はこの言葉を違う意味で呑み込んだかも知れない。
テーマ:生きるための歌 - ジャンル:音楽

あの記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://peacelive.blog119.fc2.com/tb.php/667-f39dc4e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
月別アーカイブ

最近の記事
プロフィール

Egami

Author:Egami
イラスト rupo乱
豊田勇造さんをメインに浦和でPeace Liveという音楽イベントをやっています。

リンク
PeaceLiveなつぶやき

ブログ内検索