ピースライブ 魂の出会い 五十嵐正史vs.よう介。芸術村のライブがCDになりました。勇造の息子ふたりが火花を散らしながら、熱く歌ったトリビュートライブ。 1000円※ピースライブ会場で販売

Peace Liveな日々

豊田勇造ライブつながりのミュージシャン、 役者のライブレポートとを載せていきます。

2017バナー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五十嵐正史 よう介 ゲスト take 森田博

2月1日(土) のろ(吉祥寺)

0201_1.jpg
僕にとって2009年という年は、父親が亡くなり、僕は癌の手術をした。ふつうなら人生最悪の年といえるだろう。しかし僕はまったくそうは思っていない。6年ごしの願いであった五十嵐正史さんと、よう介さんの対決ライブは最高の形で火花を散らしてくれた。勇造さんが、円山音楽堂で60歳の記念ライブをやったからに他ならない。
あれからもう5年になろうとしている。僕は7月に治療を終える予定だ。5年は長いなぁと思っていたが、あっという間だ。人生って短い。
気軽に寄った吉祥寺の「のろ」。出会ったことは、僕の人生にとって大きな位置を占めてきた。
マスター加藤さんは、ソウブラ、碧(よう介 & take)、僕と五十嵐さんのことも、僕とよう介さんのこと、そして五十嵐さんと、よう介さんのことも受け止めてくれた。昔の「のろ」のことは知らないけど、「のろ」の歴史の上に受け入れてもらったような気がする。
今回はプロデューサーを拝命するも成績は良くない。でも5年前の芸術村に来てくれた飯浜ゆきこさん、U君、写真の風見君。本当の師匠、本当のライバルを持つ歌うたいの気持ちを理解してくれる人はなかなかいないかも知れない。
五十嵐正史vs.よう介、森田博vs.take。5年前の火花がよみがえった。それを可能にするのは、「のろ」という場所だと思う。
五十嵐さん、よう介さんの年表を作ってみた。でもまた新しい旅は始まったばかり。
0201_6.jpg
0201_7.jpg
0201_5.jpg
0201_3.jpg
0201_2.jpg
0201_4.jpg




テーマ:生きるための歌 - ジャンル:音楽

あの記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://peacelive.blog119.fc2.com/tb.php/655-68489431
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
月別アーカイブ

最近の記事
プロフィール

Egami

Author:Egami
イラスト rupo乱
豊田勇造さんをメインに浦和でPeace Liveという音楽イベントをやっています。

リンク
PeaceLiveなつぶやき

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。