ピースライブ 魂の出会い 五十嵐正史vs.よう介。芸術村のライブがCDになりました。勇造の息子ふたりが火花を散らしながら、熱く歌ったトリビュートライブ。 1000円※ピースライブ会場で販売

Peace Liveな日々

豊田勇造ライブつながりのミュージシャン、 役者のライブレポートとを載せていきます。

2017バナー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加藤君の部屋で歌おう

10月13日(日) のろ(吉祥寺)
1013noro2.jpg
のろのドアを開けると、もうライブは始まっていた。kiyomiさんという人の弾き語り。こんなかっこいいブルーズを歌う女性が歌うとは。
チャージを払うと「江上くんのために、油あげ買っといたから」と、加藤さん。ひろみさんもいる。五十嵐正史さん、梅田ゆかりさん、takeさんがすでに来ていた。
「タッ、タッ、タッ、かぁ~」というのが、マスター加藤さんの新ユニット。ベースとカフォンにあるぽらんのカウンターにも入る滝さんがギターで、多分一番若い。信頼できるミュージシャンをすぐに集められるのが、のろらしいところ。きっと新しいレパートリーがあるなと思ったら「ア~イ ウォラノー ハビュエバー シーン ザレイン~」ときた。滝さんの古いドブロギターがよく鳴っている。腰の調子はいいようだけど、「指がつった」というが、やっぱり佐藤GWAN博さんの歌は、きっちり歌ってくれた。
少し高い木のテーブルは、昔ののろのものだそうだ。昔ののろのお客さんも来ていて、何か時間がつなかっているよう。
そんなに飲んだ覚えはないけど、2回の来店で田苑が一本開いた。
1013noro.jpg

あの記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://peacelive.blog119.fc2.com/tb.php/628-d91b18d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
月別アーカイブ

最近の記事
プロフィール

Egami

Author:Egami
イラスト rupo乱
豊田勇造さんをメインに浦和でPeace Liveという音楽イベントをやっています。

リンク
PeaceLiveなつぶやき

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。