ピースライブ 魂の出会い 五十嵐正史vs.よう介。芸術村のライブがCDになりました。勇造の息子ふたりが火花を散らしながら、熱く歌ったトリビュートライブ。 1000円※ピースライブ会場で販売

Peace Liveな日々

豊田勇造ライブつながりのミュージシャン、 役者のライブレポートとを載せていきます。

2017バナー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福生カニ坂ロックフェスティバル

8月25日(日) (福生カニ坂公園)
fussa1.jpg
南條倖伺 & まあファミリー
fussa2.jpg
〈出演〉狂育委員会 BLACK NAILS 
ザ・北澤コイチーズ 
BADGE  
衝動戦車
 国分寺エクスペリエンス 
Ben’s PoP Club 
核弾頭+イブラヒム コナテ
にがよもぎ 
CHINA CATS TRIPS BAND
巻上公一 Dancing 痴明 with サブ
 南條倖伺 & まあファミリー

福生といえば、米軍基地もあるし殺伐とした雰囲気があると思っていたが、会場は基地とは反対側で、古い大きな家が並んでいる。歩道沿いの川の水はきれいで、空気も澄んでいる。何より涼しい天気がありがたい。ところで僕たちと同じ方向に歩く人がいてもいいものだが、町に人があまりいない。
ウッドストックやフジロックをイメージしていたけど、「ユルい感じ」という意味が会場に着いたとたんに理解できた。河原のオートキャンプ場に30年にわたって続くロックフェスティバルは、まず独自の通貨カニーを円と交換する。これで、屋台の食べ物、飲み物を買うことができる。でも、持ち込みも自由。僕を誘ってくれた野方の池さんは、おどろくほど巨大なクーラーボックスにビールや自家製の果実酒を詰め込んで転がしてきた。敷いてもらったブルーシートに靴を脱いで座った。お客さんは少ないかすでに演奏は始まっている。時間がたつにつれて踊る人もでてきて、屋台も繁盛していた。長く音楽を続けている上手いバンドはかり。こんな自治が確立しているフリーコンサートならば来年もいきたい。

あの記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://peacelive.blog119.fc2.com/tb.php/619-29ee924b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
月別アーカイブ

最近の記事
プロフィール

Egami

Author:Egami
イラスト rupo乱
豊田勇造さんをメインに浦和でPeace Liveという音楽イベントをやっています。

リンク
PeaceLiveなつぶやき

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。