ピースライブ 魂の出会い 五十嵐正史vs.よう介。芸術村のライブがCDになりました。勇造の息子ふたりが火花を散らしながら、熱く歌ったトリビュートライブ。 1000円※ピースライブ会場で販売

Peace Liveな日々

豊田勇造ライブつながりのミュージシャン、 役者のライブレポートとを載せていきます。

2017バナー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よう介 ガットギター弾き語り

8月18日(日) 36°5(幡ヶ谷)
0818_365.jpg
ガットギターの弾き語りは、碧(よう介 & take)結成後も続けている。よう介さんのライフワーク。出来上がったばかりのアルバムを抱えてtakeさんも来ていた。
一曲目は勇造さん、五十嵐さんもでてくる『ハトのヤマハ』。この歌を聞くとこの場所にいること自体が、大いなる巡り合わせの中にあると思える。
よう介さんから、この夏のある出来事を聞いた。それは命にかかわったかも知れない。僕の人生にも大いに影響するかもだ。
初めて会う波長のあわなそうなシンガーには「もう会うこともないでしょうから」と明るく牽制。
『たかが歌』には、そんな彼の心意気がつまった言葉がある。
ライブ後流れた『亜細亜スープ』に耳を傾ける。よう介さんもtakeさんも話が止まらない。これから、のろのレコ発ライブの日程を決めるそうだ。

テーマ:生きるための歌 - ジャンル:音楽

あの記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://peacelive.blog119.fc2.com/tb.php/617-7aa89e94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
月別アーカイブ

最近の記事
プロフィール

Egami

Author:Egami
イラスト rupo乱
豊田勇造さんをメインに浦和でPeace Liveという音楽イベントをやっています。

リンク
PeaceLiveなつぶやき

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。