ピースライブ 魂の出会い 五十嵐正史vs.よう介。芸術村のライブがCDになりました。勇造の息子ふたりが火花を散らしながら、熱く歌ったトリビュートライブ。 1000円※ピースライブ会場で販売

Peace Liveな日々

豊田勇造ライブつながりのミュージシャン、 役者のライブレポートとを載せていきます。

2017バナー

take×ゆりかフランキー

7月13日(土) GOLDSTAR(下井草)
0713goldstar_shimoigusa.jpg
碧(よう介 & take)のよう介さんは、ソロ活動に、劇団乳酸菌と若いミュージシャンのアルバムのプロデュースなど、多方面に活動している。takeの方はよう介さんと出会って以来、目立った個人の活動はしていなかった。が、ついにその時がきた。ダンサーとのコラボレーションだという。
会場はドクロのオブジェがたくさんあるメキシカンとも、メタル系とも言い難い空間で、弾き語りの平原賢吾君の企画だ。やはりお母さんが来ている。
ダンサーはゆりかフランキーという美しい方。ライブが始まる前に、カッターで演目が入ったカードを切っていた。これが手が込んでいて、言葉を越えて伝わるものがある。
takeさんの新しいギターは、美しい。つながれたエフェクターの多さは、明らかに碧(よう介 & take)と違うものをやろうとしていると感じた。
フレーズをサンプリングしながら音を重ねていく、フリージャズのようなアプローチで弾いていく。ゆりかフランキーさんは、フラをベースにギターに合わせているようで、何かに取り付かれたように会場内を踊りながらめぐる。見とれてしまった。斬新さの中にも、対象にからむギターはtakeさんらしさを感じた。
終演後、カウンターでやっと京都のおみやげを渡した。
テーマ:生きるための歌 - ジャンル:音楽

あの記事に対するコメント


こんばんは
フリージャズのようなアプローチのギターと美しい踊り…と聞けば,次はぜひ誘ってくださいナ!
先日やっと,ひょうたん笛と中国舞踊と民謡と津軽三味線のコンサート無事に満員御礼で終了,存分にお客で楽しむライブへ行きたいです(^^)
【2013/07/15 21:51】 URL | スズキ #f3g/b1UA [ 編集 ] top


すみません、自森のイベント、失念してました。takeさんのソロ活動は、これからも続くと思います。ぜひ。
【2013/07/16 23:55】 URL | 江上 正 #- [ 編集 ] top


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://peacelive.blog119.fc2.com/tb.php/610-244c8757
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
月別アーカイブ

最近の記事
プロフィール

Egami

Author:Egami
イラスト rupo乱
豊田勇造さんをメインに浦和でPeace Liveという音楽イベントをやっています。

リンク
PeaceLiveなつぶやき

ブログ内検索