ピースライブ 魂の出会い 五十嵐正史vs.よう介。芸術村のライブがCDになりました。勇造の息子ふたりが火花を散らしながら、熱く歌ったトリビュートライブ。 1000円※ピースライブ会場で販売

Peace Liveな日々

豊田勇造ライブつながりのミュージシャン、 役者のライブレポートとを載せていきます。

2017バナー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デリリオ

6月16日(日) 㐂(き)よし(蕨)
777yoshi02.jpg
777yoshi01.jpg
去年のチャリカルキの阿佐ヶ谷あるぽらん公演には行かなかった。その前年のラブコメ路線がどうもマンネリに感じたからだ。しかし今年は五十嵐さん5年ぶりの芝居出演と聞いては、スルーするわけにはいかない。しかも、会場は僕の自宅からも近い蕨(わらび)だ。
蕨は、僕が赤ん坊の頃に父の会社の社宅があったので、住んでいたらしい。風見辻造が優等生として通った高校がある。最近は、選挙や在特会のデモなどがあって、いい思い出はない。
東口の閑散、殺伐とも言い難い通りを抜けて突き当たりの手前にそのお店はあった。㐂(き)よしは、五十嵐さんの年齢と同じ歴史をもったやきとり屋だ。まったく知らなかった。
なぜか開演が20分遅れるトラブルの間、五十嵐正史オンステージ。本当は芝居の中でやるはずのコーナー。急きょドリンクも注文可。ロケンローラーなマスターにハイボールを頼んだ。山崎のサントリーでダメだしされそうな作り方も、蕨ならばOKだ。
チャリカルキは、路線変更して、着ぐるみやゲストヒロインを登場させた。芝居は解りやすそうで観念的でもある。面白い瞬間がつながっていて楽しめた。
㐂(き)よしの常連のお客も来ていた。客でお店がわかるもの。打ち上げは駅の中を通って西口の㐂よしへ。
次は呑み客として、50年のぬか床のお新香でビールを飲みたい。
テーマ:生きるための歌 - ジャンル:音楽

あの記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://peacelive.blog119.fc2.com/tb.php/606-58fcf51f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
月別アーカイブ

最近の記事
プロフィール

Egami

Author:Egami
イラスト rupo乱
豊田勇造さんをメインに浦和でPeace Liveという音楽イベントをやっています。

リンク
PeaceLiveなつぶやき

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。