ピースライブ 魂の出会い 五十嵐正史vs.よう介。芸術村のライブがCDになりました。勇造の息子ふたりが火花を散らしながら、熱く歌ったトリビュートライブ。 1000円※ピースライブ会場で販売

Peace Liveな日々

豊田勇造ライブつながりのミュージシャン、 役者のライブレポートとを載せていきます。

2017バナー

ナーグシクヨシミツ

4月28日(日) 琉球センターどぅだっち(駒込)
yoshimitsu.jpg
寿の二人が1人になったのだから、ファンも半分になったかと思いきや。一昨日の勇造さんより多いやないか。
どぅたっちの閉店間際であることと、この日は主権回復の日だ。沖縄では「屈辱の日」。無視するだけだと容認している思えたので、式典反対の集会に行くよりも、どぅたっちに行こうと思った。今年、維持会員になったばかりということもあるので、とりあえずの居場所。勇造さんのライブで会った人もちらほら。
冒頭、島袋さんは「私はもう屈辱の日なんて言いません」声を震わせてあいさつ。どぅたちの内情を聞くと、なんともつらい。
しかし、早くも次の場所を駒込で探しているという。予定していたイベントはすべてやるとのことだ。エネルギーが満ちあふれている。
昔、蚕小屋で見たときは三線は弾いていなかったヨシミツさん。僕がシンパシーを感じるのは、同じ1965年生まれということ。65年生まれとは、なかなか出会わない。
彼が多分沖縄を背負っていなければ、ここまでオーラのあるミュージシャンになっていない。ギターもストロークだけだけど、なかなか心に響く。
そして何よりもファッションを見習いたい。僕の飯浜さん手製の紅型バックを見て「いいですね」と言ってくれた。なんでCDを買った。
打ち上げは、30人以上。食べ物が足りなくなることはなかったのは、さすが。
このブログを始めたきっかけは、どぅたっちでのあるお別れ会でのライブだった。そこにナビィさんと、ヨシミツさんもきていた。縁を感じる。
帰路、上中里駅近くでサントリーホワイトを売っている酒屋を見つけた。
テーマ:生きるための歌 - ジャンル:音楽

あの記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://peacelive.blog119.fc2.com/tb.php/591-54ac962e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
月別アーカイブ

最近の記事
プロフィール

Egami

Author:Egami
イラスト rupo乱
豊田勇造さんをメインに浦和でPeace Liveという音楽イベントをやっています。

リンク
PeaceLiveなつぶやき

ブログ内検索