ピースライブ 魂の出会い 五十嵐正史vs.よう介。芸術村のライブがCDになりました。勇造の息子ふたりが火花を散らしながら、熱く歌ったトリビュートライブ。 1000円※ピースライブ会場で販売

Peace Liveな日々

豊田勇造ライブつながりのミュージシャン、 役者のライブレポートとを載せていきます。

2017バナー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

碧(よう介 & take)、吹雪ユキエ

3月29日(金) 彦六(高円寺)
0329ao.jpg
yukie.jpg
毎年、桜を見ると心落ち着かない僕でも、碧(よう介 & take)の彦六ライブは、楽しみなのだ。今回は吹雪ユキエさんとのジョイントだ。ユキエさんとよう介さんは、この彦六で出会ったという。シャウトするでもなくのんびりと歌っても言葉ははっきり聞こえる声の持ち主。『最果ての三丁目』や『半分愛して』は、彦六で聞くと「女」の言葉の歌。畳の上だと突き刺さるほど。早川義男の『サルビアの花』をピアノで弾き語り。そして、よう介さんのウクレレで歌う。みんなが自分の部屋のように思える空間にウクレレは、とてもなごむ。
前の週には「ミリ単位でマイクの角度を調整したのに…」と話していた、よう介さんも、スタッフに神経を尖らせることもない。ギターのタッチがよく見える。このところ、ヤマハとギブソンの個体差を感じなくなり、一つの碧の音になっている用に思える。takeさんも機嫌が良さそう。歌とギターに集中できるということだ。かぶりつきで見て酒も飲める。ビール、メコンウイスキー、ラム、ワインと僕も機嫌が良い。五十嵐正史とソウルラザーズから梅田ゆかりさん、役者の鈴まきさんもいた。劇団乳酸菌は…… ちょっときついぐらいの入りだったので、ちゃぶ台で話せる人がお客さんという感じが彦六のいいところだ。
『君が今、歌っている所は真っ黒な所』が21歳の時の作だと聞いて息を飲む。

テーマ:生きるための歌 - ジャンル:音楽

あの記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://peacelive.blog119.fc2.com/tb.php/584-238bb9d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
月別アーカイブ

最近の記事
プロフィール

Egami

Author:Egami
イラスト rupo乱
豊田勇造さんをメインに浦和でPeace Liveという音楽イベントをやっています。

リンク
PeaceLiveなつぶやき

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。