ピースライブ 魂の出会い 五十嵐正史vs.よう介。芸術村のライブがCDになりました。勇造の息子ふたりが火花を散らしながら、熱く歌ったトリビュートライブ。 1000円※ピースライブ会場で販売

Peace Liveな日々

豊田勇造ライブつながりのミュージシャン、 役者のライブレポートとを載せていきます。

2017バナー

あるぽらんチャリティライブ

3月24日(日) あるぽらん’89(阿佐ヶ谷)
0324alpo02.jpg
開演前に時間があったので喫茶店の対山館に寄ってみた。以前から場所はわかっていたのだけど、時間がなかったりで初めてだ。コーヒーとカレーを頼んでみた。
この店を教えてくれたのは、このブログにコメントを寄せてくれるスズキさんだ。
あるぽらんに入ると、そのスズキさんがいるではないか。
五十嵐正史とソウルブラザーズは、森田さんと梅田さんで、三人バージョン。山村さんと浅田さんがインフルエンザでお休み。何とももったいないことだが、いつもよりゆったりとしたステージに見える。
ソウブラは、原発事故後にできた歌。特集というよりも、どんなリクエストがこようとも、かたくなに選曲は変えない覚悟を感じた。
0324alpo01.jpg

舘野公一さんとソウブラがいっしょにライブをやるライブは、意外にも記憶にない。カンチさんとソウブラのピースライブで飛び入りしてくれたことがあった。
早稲田にあったジェリー・ジェフでの勇造さんのオープニングアクト。個人情報保護法の集会で歌ったり。上原前国立市長が訴えられている裁判を応援している。ごく限られた枠の中で、歌ったり話したり。
しかしシンガーとしてたっぷり聞くのは、この日が初めてなのだ。舘野さんの歌は一曲が長い。それを何曲も歌詞を見ずに歌う。まるで講談師。
聞いている僕には映像が浮かぶ。モデルとなった人や場所は、営業上の秘密だそうだ。
最後はソウブラといっしょに『生活の柄』。書くのはここまで。
テーマ:生きるための歌 - ジャンル:音楽

あの記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://peacelive.blog119.fc2.com/tb.php/583-a82d4031
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
月別アーカイブ

最近の記事
プロフィール

Egami

Author:Egami
イラスト rupo乱
豊田勇造さんをメインに浦和でPeace Liveという音楽イベントをやっています。

リンク
PeaceLiveなつぶやき

ブログ内検索