ピースライブ 魂の出会い 五十嵐正史vs.よう介。芸術村のライブがCDになりました。勇造の息子ふたりが火花を散らしながら、熱く歌ったトリビュートライブ。 1000円※ピースライブ会場で販売

Peace Liveな日々

豊田勇造ライブつながりのミュージシャン、 役者のライブレポートとを載せていきます。

2017バナー

ひき

3月23日(土) スマイルカフェ1/2(川島町)
0323kawajima.jpg
会場は車で来る人のためにつくられたと思われる広い公園の近く。地図を見て直感した。それならばちくまさんの車に同乗させてもらおうと朝メールすると、何とこれから出るところだとのこと。リハーサルは開店前にしかできないそうだ。
インターネットで検索すると川越駅からのバスを見つけた。川越の東口にでると時刻表を見る間もなくバスがやってきた。少ない本数なのにラッキーだ。偶然にも途中の停留所から乗ったのが、丸木美術館でワークショップをやっている。万年山(まねやま)越子さんだった。やはり「ひき」のライブに行くという。万年山さんは、とにかくファッションセンスが強いオーラを放っているので勇造ライブの会場でも目立つ。しかも全部手作りだ。僕が肩からかけていた飯浜さんの紅型バックをほめていただいた。
川島農協前のバス停から、会場までは水をはる前の田んぼの間の長い道を歩いて、いろいろな話を聞くことができた。万年山さんは、自閉症のこどもたちのために、工作教室を開いている。
会場のスマイルカフェ1/2はおしゃれなカフェ。ライブでもなきゃ自分ひとりでは、とても入る勇気が持てない。僕はおしゃれに弱いのだ。
働いている人たちは知的障害者。メニューもおしゃれで、ケーキ一つでも置き方が絵のようだ。理想だけどちょっと場所が遠い。
蚕小屋以外で、4人編成になった「ひき」を聞くのは初めてか。そしてメインでの演奏も初めてだ。ちくまさんは司会トークは、会場をなごませる。歌もリラックスしている。きゃささんのウクレレの音がとてもよく聞こえた。
この会場になごむのは、ちくまさんも障害者の施設で働いていることもあるし、紅一点のきゃささんのセンスも働いていると思う。
帰りは、ありがたいことに蚕小屋ライブで、よくお見かけする女性の車で川越まで送ってもらった。地元の公務員だというで道を熟知している。
途中、万年山さんが車に踏まれてぺしゃんこになった缶を発見して、どうしても拾いたいという。工作に使うそうだ。車につぶされたことがポイント。考えてみるといろいろなドラマがつまっているように思えた。
万年山さんは中南米マガジンの金安さんもご存知で、新しくでる本も応援いる。
テーマ:生きるための歌 - ジャンル:音楽

あの記事に対するコメント


江上さん
スマイルカフェ1/2のライブにいらしてくれてありがとうございます。
万年山さんとお話していたようでよかったです。
帰りのつぶれた缶の話。うれしくなります。
つぶれた缶を使ってのアート作品は、
それを飲んだ人、ぺしゃんこになるまでひいた人たち、拾った人。
それぞれの人生が交差しているものといえます。
ヒッチハイクが究極の人間関係を駆使した旅。だと、
私は思いますが、万年山さんのこのアートは、
それと同じように、たくさんの方のコラボレーションと
思います。

ありがとうございました。
【2013/03/24 16:05】 URL | ひるねこ #GCA3nAmE [ 編集 ] top


ちくまさん、ありがとうございます。バスで川越の街も見れたし、ひきの歌も聞けて、おしゃれなカフェでケーキをいただくという、なかなかそんな休日はありません。万年山さんの前向きな生き方を見習いたいと思いました。
【2013/03/25 20:09】 URL | 江上 正 #- [ 編集 ] top


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://peacelive.blog119.fc2.com/tb.php/579-ec251582
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
月別アーカイブ

最近の記事
プロフィール

Egami

Author:Egami
イラスト rupo乱
豊田勇造さんをメインに浦和でPeace Liveという音楽イベントをやっています。

リンク
PeaceLiveなつぶやき

ブログ内検索