ピースライブ 魂の出会い 五十嵐正史vs.よう介。芸術村のライブがCDになりました。勇造の息子ふたりが火花を散らしながら、熱く歌ったトリビュートライブ。 1000円※ピースライブ会場で販売

Peace Liveな日々

豊田勇造ライブつながりのミュージシャン、 役者のライブレポートとを載せていきます。

2017バナー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 カリフォルニアドールズ

11月25日(日)シアターN(渋谷)
dolls.jpg
マフラータオルを買った!

監督 ロバート・アルドリッチ 脚本 メル・フローマン 製作 ウィリアム・アルドリッチ
出演者 ピーター・フォーク、ヴィッキー・フレデリック、ローレン・ランドン
音楽 フランク・デ・ヴォール 撮影 ジョセフ・バイロック
編集 アーヴィング・ローゼンブルム、リチャード・レーン
製作会社 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)
     アルドリッチ・カンパニー
午後、浦和で高橋哲哉さんの講演会に行くと、まるで敬老会。気分が滅入ってしまった。
そのまま、電車に乗って阿佐ヶ谷の喫茶Cobuへ。あるぽらんの佐々木さんの版画展に。
cobu.jpg
撮影 S Sさん

なんと佐々木さん本人がいた。「これから『カリフォルニアドールズ』という映画を見に行きます」というと、佐々木さんは30年ほど前の公開当時に見ていたとのこと。期待が膨らんだ以上の映画。
滅入った気持ちを吹き飛ばしてくれた。なんせ、僕の好きなプロレス。アメリカの女子プロレスの映画だ。
日本からミミ萩原もでていた。刑事コロンボのピーター・フォークがマネージャー役で、美女二人とアメリカ中をサーキットするロードムービー。ハラハラする展開にお色気より感動が勝る作品だった。
アメリカは嫌いな国だ。でもこんな映画は認めざるを得ない。
さて、一年のハイライトピースライブも終わった。今年は毎月ハラハラする出来事があった。12月ぐらいは、ゆっくり過ごせると思ったが、そうもいかない事態が…

テーマ:生きるための歌 - ジャンル:音楽

あの記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://peacelive.blog119.fc2.com/tb.php/549-738bbb24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
月別アーカイブ

最近の記事
プロフィール

Egami

Author:Egami
イラスト rupo乱
豊田勇造さんをメインに浦和でPeace Liveという音楽イベントをやっています。

リンク
PeaceLiveなつぶやき

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。