ピースライブ 魂の出会い 五十嵐正史vs.よう介。芸術村のライブがCDになりました。勇造の息子ふたりが火花を散らしながら、熱く歌ったトリビュートライブ。 1000円※ピースライブ会場で販売

Peace Liveな日々

豊田勇造ライブつながりのミュージシャン、 役者のライブレポートとを載せていきます。

2017バナー

エダNOデモ

9月22日(土) 大宮
EDA-NOdemo1.jpg
朝方、ものすごい雨が降る。小雨の中、母に付き合って墓参り。何も雨の中でと思ったが、お彼岸だ。母は、約束の時間にずいぶん遅れてきた。「眼のヨガ」という週刊誌の切り抜きを渡したかったようだ。僕は仕事のせいで、猛烈に眼が疲れていた。眼だけではなく、職場の冷房のせいで、ぎっくり腰から、座骨神経痛で、今は足が痛む。母は、いろいろな健康法を勧めてきれる。
僕が建てたとされる墓は、立派。本家の墓は甲府にあるが、僕は年2回ほど墓参りというか、掃除する。自分の部屋は、毎日掃除しているのに、墓が汚くては後ろめたい。母は「そんなことしなくて済むために、浦和にお墓を建てたのに」という。江上家は、江戸時代からの旧家なのだ。僕は金持ちの家に生まれたのかも知れない。でも祖父の代で身上をつぶしてしまった。そのために父は貧乏な少年時代を送ることとなった。しかし僕は祖父に感謝していることがある。
それは戦争に行っていないこと。幼い頃の熱病で難聴になったためだ。母方の祖父も兵隊の検査を落ちている。酒の飲みすぎで脚気となってしまった。それがわかってからは僕の墓掃除は、気合いが入る。

午後から大宮。「エダNO」デモに初参加。枝野幸男とは、同じ歳だ。昭和40年生まれで一番出世した男だ。彼の顔を見ているとがっかりする。原発だけじゃなく、共通番号や秘密保全法もやってほしいが、思いは強烈なパーカッション部隊にかき消されるまま。
EDA-NOdemo2.jpg
エダNOデモ 枝野事務所前
テーマ:生きるための歌 - ジャンル:音楽

あの記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://peacelive.blog119.fc2.com/tb.php/524-5c2fda05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
月別アーカイブ

最近の記事
プロフィール

Egami

Author:Egami
イラスト rupo乱
豊田勇造さんをメインに浦和でPeace Liveという音楽イベントをやっています。

リンク
PeaceLiveなつぶやき

ブログ内検索