ピースライブ 魂の出会い 五十嵐正史vs.よう介。芸術村のライブがCDになりました。勇造の息子ふたりが火花を散らしながら、熱く歌ったトリビュートライブ。 1000円※ピースライブ会場で販売

Peace Liveな日々

豊田勇造ライブつながりのミュージシャン、 役者のライブレポートとを載せていきます。

2017バナー

松山雅一ライブ「宮古民謡満喫の夕べ」

9月20日(木) 琉球センターどぅたっち(駒込)
miyako.jpg
オキコーのミニラーメンは、駒込のどぅたっちにしか置いていない。ラーメンだけを買いに駒込まで行くのも高くつく。4個入り240円。
でもいま、どぅたっちは、イベントづくしなのだ。ちょうど、「宮古民謡満喫の夕べ」というライブがあったので、聞きにいってきた。
沖縄民謡でも、初めて聞く歌ばかりだった。三線の鳴り方も、どことなくちがう。
松山雅一さんは、東京育ち。お母さんが宮古の出だという。
宮古は、沖縄でもちがうという。地元の若者の多くが、都の言葉を使うという。打ち上げで講義してくれたのは、どぅたっちの太田さん。那覇と周辺しか行ったことがない僕には、目からウロコの話ばかり。尖閣問題で国と国でもめても、昔の人が生きた記憶は、言葉や文化でゆるやかにつながっているものだ。「親にバレるような夜這では…」という言葉の中に、沖縄が通ってきた道を考えなくてはと思った。
久しぶりに三郷のWさんと会えた。どぅたっちで三線を習っているらしい。
この日、日本政府がオスプレイの安全性を確認。澄んだ三日月が出ていた。
オキコーのミニラーメンよりも、泡盛「多良川」を買った。

テーマ:生きるための歌 - ジャンル:音楽

あの記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://peacelive.blog119.fc2.com/tb.php/523-246bdd1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
月別アーカイブ

最近の記事
プロフィール

Egami

Author:Egami
イラスト rupo乱
豊田勇造さんをメインに浦和でPeace Liveという音楽イベントをやっています。

リンク
PeaceLiveなつぶやき

ブログ内検索