ピースライブ 魂の出会い 五十嵐正史vs.よう介。芸術村のライブがCDになりました。勇造の息子ふたりが火花を散らしながら、熱く歌ったトリビュートライブ。 1000円※ピースライブ会場で販売

Peace Liveな日々

豊田勇造ライブつながりのミュージシャン、 役者のライブレポートとを載せていきます。

2017バナー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐藤GWAN博、佐久間順平

8月11日(土) ラ・カーニャ(下北沢)
0811gwan_junpei.jpg
佐久間順平さんを初めて見たのは、MANDALA2での高田渡さんのライブだった。寡黙なサポートギタリストといった感じだった。言った曲名と、違う曲をやろうとする高田渡さんに、戸惑いながらも、ギターを弾いてた。いわゆるフォークギターをこんなに自在に弾ける人がいることに驚いた。
恒例GWANさんのラ・カーニャライブでは、サポートというより、ジョイントだった。歌うし、ギターはもちろん。バイオリン、マンドリンもすべての弦がクリアに聞こえる。作詞もするなんて初めて知った。トークも饒舌。高田渡さんと、友部正人さんとアイススケートをした話は笑えた。
ガットギターのGWANさんと、スチール弦の順平さんのバランスも絶妙だ。ギターが巧くて、素朴な歌が続く。こんな上質のライブ、友達を誘ってくるんだった。
終演後、感動が消えぬうちに、吉祥寺「のろ」へ。実は前日、ソウブラの面々と飲んだばかり。マスターの加藤さんと、さしで話ができた。ミュージシャン評は基本辛い。だけど愛がある。


テーマ:生きるための歌 - ジャンル:音楽

あの記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://peacelive.blog119.fc2.com/tb.php/496-0edb8d8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
月別アーカイブ

最近の記事
プロフィール

Egami

Author:Egami
イラスト rupo乱
豊田勇造さんをメインに浦和でPeace Liveという音楽イベントをやっています。

リンク
PeaceLiveなつぶやき

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。