ピースライブ 魂の出会い 五十嵐正史vs.よう介。芸術村のライブがCDになりました。勇造の息子ふたりが火花を散らしながら、熱く歌ったトリビュートライブ。 1000円※ピースライブ会場で販売

Peace Liveな日々

豊田勇造ライブつながりのミュージシャン、 役者のライブレポートとを載せていきます。

2017バナー

五十嵐正史とソウルブラザーズ、ル・オードムーゲ

5月22日(月) 楽や(高円寺)
soulbros.jpg
eaudemuge.jpg

高円寺の楽やが嫌いな理由
1. 飲み客と、ライブ客が混ざる
2. スタッフが出演者への気づかいが少ない
3. 店の外が楽屋代わり
この日も入り口に出演者リストを貼り出していなかったり、と客としてモチベーションが下がる。ほんとにソウブラが出る日なのか不安になる。
「ライブは何時からですか」と聞くと、エンピツが乗りそうなまつげのおねえちゃんは「7時半か8時です」とテキトーだ。譜面代にBOB DYLANとある。たしかに五十嵐さんのファイルだが、姿が見えない。何とオードムーゲの玉井さんと飲みに行っていたのだ。この日は、オヤジの中に紅一点のグループという共通点がある。
こうなったら徹底的にテキトーなパワーでこの店をぶっ飛ばしてもらいたい。
オードムーゲには、時々あるぽらんのカウンターの中にいる滝さんが、ギターで入っている。阿佐ヶ谷のYさんもメンバーだったらしいが、今はいない。
ソウブラは森田博さんと梅田ゆかりさんと五十嵐正史さんの3人バージョン。高円寺でも、いつもの阿佐ヶ谷モードだ。ライブハウスにで出るのは滅多にどころではない。しかし、どんな場所でもブレないのが、勇造の息子たちである。久しぶりに聞いた「抵抗の歌」は、この店に見せつけてやっという感じ。
よく薬局で「オードムーゲあります」と出ているので、ずっとあのイヤらしいものだと思っていた。
テーマ:生きるための歌 - ジャンル:音楽

あの記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://peacelive.blog119.fc2.com/tb.php/466-9baa549f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
月別アーカイブ

最近の記事
プロフィール

Egami

Author:Egami
イラスト rupo乱
豊田勇造さんをメインに浦和でPeace Liveという音楽イベントをやっています。

リンク
PeaceLiveなつぶやき

ブログ内検索