ピースライブ 魂の出会い 五十嵐正史vs.よう介。芸術村のライブがCDになりました。勇造の息子ふたりが火花を散らしながら、熱く歌ったトリビュートライブ。 1000円※ピースライブ会場で販売

Peace Liveな日々

豊田勇造ライブつながりのミュージシャン、 役者のライブレポートとを載せていきます。

2017バナー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蚕小屋ライブ

12月3日(土) 竹間家蚕小屋(東松山)
蚕小屋201101
仕事の日、オープニングに間に合わず。碧(よう介 & take)は、ディランを日本語で歌ったという。さっそく『Fisherman on Sunday』を購入。
蚕小屋にいるとタイにいるようだという勇造さん。『パラドックス・オブ・アワエイジ』『虹の歌』『勇造ないないずくし』は、この蚕小屋によく似合う歌だ。聞く方も気持ちが解放されていく。そして久しぶりに『二人の絵描きさん』を聞いた。
蚕小屋201102

丸木美術館運営委員の万年山越子さんが、ステージにでてきてジャンケンゲームが始まる。最初に勝ち抜いたのは、出演者のtakeさんだった。廃品利用のアート作品んをもらっていた。
ao-kaikogoya.jpg

おからクッキーは、津波被害をまぬがれた陸前高田の知的障害者施設「あすなろ」で作られている。なんとそこにビデオ取材を敢行。プロジェクターで上映した。こういう支援のしかたもいいな。おからクッキーは、健康的でおいしい。
asunaro.jpg

ちくまさんと、きゃささんでスタートしたバンド「ひき」には、白いオベーションのミスター田中さんにつづき、アレンビックを弾くのベーシストが加入。
勇造さんとにステージに誘われるだけのことはある。

打ち上げでは、蚕小屋の前を偶然通りかかって、ライブに参加したカップルもいた。酒やビールを売っていた野方の池大介さんと話す。打ち上げに出された里芋の煮物は、池さんが収穫したもの。竹間さんから畑を借り、耕している。来年彼をビデオ撮りたい。でもまだカメラを持っていない。
ikesan.jpg
スタッフとして手伝う池大介さん
なんと終電を逃してしまった。そこで竹間さんの家に泊めてもらうことに。しばらくお話して、もう12時くらいかと、時計を見たら3時ではないか。
12年前、終電がないことに気づいても、竹間さんとは初対面だったので、どうしようかと迷っているうちに、本当に道に迷ってしまった。空気は刺すように澄み、たくさんの星。今より太ってはいたけれど、パーカーとTシャツにジーパン姿。その頃の東松山の寒さはこたえた。バイパス道路沿いのファミレスを見つけて、始発を待ったのは、そんなに昔の記憶ではない。考えてみると東松山もずいぶん温かくなったものだ。

翌日は土浦でライブの勇造さん。蚕小屋にはこうたろうさん、長男の風太君も来ていた。僕は後片付けも、手伝わずに、朝、浦和へ。なんとも豊かな時間だった。
morning.jpg
朝、蚕小屋前で


テーマ:生きるための歌 - ジャンル:音楽

あの記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://peacelive.blog119.fc2.com/tb.php/395-dbe5e788
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
月別アーカイブ

最近の記事
プロフィール

Egami

Author:Egami
イラスト rupo乱
豊田勇造さんをメインに浦和でPeace Liveという音楽イベントをやっています。

リンク
PeaceLiveなつぶやき

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。