ピースライブ 魂の出会い 五十嵐正史vs.よう介。芸術村のライブがCDになりました。勇造の息子ふたりが火花を散らしながら、熱く歌ったトリビュートライブ。 1000円※ピースライブ会場で販売

Peace Liveな日々

豊田勇造ライブつながりのミュージシャン、 役者のライブレポートとを載せていきます。

2017バナー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

碧(よう介 & take)in 野方祭

9月24日(土) SUBLIME(野方)

このブログをやっていて一番困るのが、スケジュールがかぶったときだ。
特に五十嵐正史とソウルブラザーズと、碧(よう介 & take)の場合が、もっとも苦しいところで、どちらも行かないという苦渋の選択もある。
しかし今回は、碧(よう介 & take)が野方祭とのファーストコンタクトということで、野方に行くことに。
演奏してくれるなら、誰でもウェルカムのように見えるが、主催のシュウさん、はるかさんは、野方基準で出演者を選んでると思う。
よう介さんとtakeさんとも、野方祭のゆるい雰囲気が気に入ったようで、リラックスして演奏ができていた。takeさんは、やわらかいソファーが弾きづらそう。
手抜きはしない。だけど共演者ヒートすることもなく、リハなしで、ぱっと来て、歌って、飲んでという感じで、共演者をつきあいで聞く必要もなし、さりとて波が引くように途中で帰るひともなく、客も出演者も思い思いに楽しめるのが、このイベントのいいところだ。「夢見る夜の真ん中で」「あふれる花」が、野方のゆるやかな時間にとどろいた。
よう介さんから、高知の塩をいただいた。そして劇団乳酸菌が、次回に向けかなり進展していることを知った。

テーマ:生きるための歌 - ジャンル:音楽

あの記事に対するコメント


10月29日よろしくお願いします。飯浜さんとは連絡頂いています。1年叩いていません。
そんな僕をすみません。
これは、コメントじゃないですね。
【2011/09/28 09:45】 URL | 不沈艦 #- [ 編集 ] top


ならば、新鮮な感覚で叩けますよ。きっとつかめる確信しています。
【2011/09/28 21:31】 URL | 江上 正 #- [ 編集 ] top


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://peacelive.blog119.fc2.com/tb.php/373-70675b15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
月別アーカイブ

最近の記事
プロフィール

Egami

Author:Egami
イラスト rupo乱
豊田勇造さんをメインに浦和でPeace Liveという音楽イベントをやっています。

リンク
PeaceLiveなつぶやき

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。