ピースライブ 魂の出会い 五十嵐正史vs.よう介。芸術村のライブがCDになりました。勇造の息子ふたりが火花を散らしながら、熱く歌ったトリビュートライブ。 1000円※ピースライブ会場で販売

Peace Liveな日々

豊田勇造ライブつながりのミュージシャン、 役者のライブレポートとを載せていきます。

2017バナー

花房徹リサイクル

6月10日(金) 音や金時(西荻窪)
会場に入ると、開演前なのに花房さんがステージにいる。ステージを楽屋代わりにというより、すでに芝居が始まっているのだ。複数の演目をプリントして、客に配りシールを貼ってもらって投票する。そのうちの一つは僕の選挙ネタ。
この日、花房さんを信奉する若者が多数。そしていつものメンバーも客席に。その内の一人は、花房さんの同級生。芝居の途中で、平気でちょっかいを出す。僕も最初はうざく感じていたが、この一人芝居に通ううちに、そのちょっかいをかわす花房さんも見物。慣れてくるとお約束の芸なのだ。そしてこの人は、僕も含めて周囲の人にワインや料理をふるまってくれる。
しかし初めての客にとっては、まことに迷惑な客である。遂に若い男性が「花房さんを受け止めたいんです。どうか静かにお願いします」とその人の前で、頭を下げ続けた。それを見てカウンターに行き「帰るから全部清算して」と、芝居の途中で帰ってしまった。その若者は、僕たちにも謝った。金を払っているのだから、文句をいう資格はある。
芝居が終わって、花房さんと話をしたのは覚えている。酔っぱらって電車に乗れず、雨の中、高円寺まで歩いた。芝居の内容が思い出せないけど、まだ芝居は終わっていないのではと、感じた。
テーマ:生きるための歌 - ジャンル:音楽

あの記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://peacelive.blog119.fc2.com/tb.php/341-f996df2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
月別アーカイブ

最近の記事
プロフィール

Egami

Author:Egami
イラスト rupo乱
豊田勇造さんをメインに浦和でPeace Liveという音楽イベントをやっています。

リンク
PeaceLiveなつぶやき

ブログ内検索