ピースライブ 魂の出会い 五十嵐正史vs.よう介。芸術村のライブがCDになりました。勇造の息子ふたりが火花を散らしながら、熱く歌ったトリビュートライブ。 1000円※ピースライブ会場で販売

Peace Liveな日々

豊田勇造ライブつながりのミュージシャン、 役者のライブレポートとを載せていきます。

2017バナー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よう介ひとり芝居『YOSUKEDEATH』

5月2日(月) 36°5(幡ヶ谷)

一年続いているシリーズも、エピフォンのレスポールではなく、この芝居のために買ったというシルバーのフライングVを持ち出した。アコースティックのライブハウスにあるまじき、メタルギターが轟く。よう介さんが、一番思い入れが強いヘビメタバージョンのひとり芝居だ。
ミュージシャンの光と影、裏と表を描くストーリーも、あの『情熱大陸』でインタビューを受けるという大胆な設定。そしてこの日出演の宮上ゆみ嬢をイジるために、突如シナリオを変更。そして華麗な速弾きはもちろん、ジャパンメタルを聞き込んでいないと出せないセンスがあふれている。キメのポーズ“YOSUKEDEATH”は、小指の先にまで思いがこもっている。
企画のYUJIさん、アナーキー・イン・ザ・UKのイントロから、宮上ゆみさんにキャンディーズを歌わせたクークスさんとキャラ立ちしたミュージシャンの出演も聞く人を多いに楽しませた。そして客席に五十嵐正史さんがいたことが、よう介さんを一層燃えさせたに違いない。
igarashi-yosuke.jpg



テーマ:生きるための歌 - ジャンル:音楽

あの記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://peacelive.blog119.fc2.com/tb.php/329-c61619f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
月別アーカイブ

最近の記事
プロフィール

Egami

Author:Egami
イラスト rupo乱
豊田勇造さんをメインに浦和でPeace Liveという音楽イベントをやっています。

リンク
PeaceLiveなつぶやき

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。