ピースライブ 魂の出会い 五十嵐正史vs.よう介。芸術村のライブがCDになりました。勇造の息子ふたりが火花を散らしながら、熱く歌ったトリビュートライブ。 1000円※ピースライブ会場で販売

Peace Liveな日々

豊田勇造ライブつながりのミュージシャン、 役者のライブレポートとを載せていきます。

2017バナー

ロス・トレス・アミーゴス

3月2日(日)桶川市民ホール
ルイス・カルロス、ルイス・サルトール、リッキー・ロドリゲスのトリオで、フォルクローレとよばれるラテン音楽を演奏する。サルトールさんは、インターFMのDJでもある。フォルクローレってどいうものかと云えば、秋葉原の駅前で、よく演奏していた人たちが、やっていた音楽。彼らは、ペルー人。「コンドルは飛んでいく」などが代表的な曲だ。
ロス・トレス・アミーゴスは、カルロスさんはボリビアで、サルトールさんがアルゼンチンで、リッキーさんがペルー人。ゲバラがバイクで訪れた国々だ。どんなきっかけで知り合ったのか。今年が20周年とのことだけど、僕は初めて聞いた。
真ん中に、ボーカルとギターのカルロスさん。サルトールさんはチャランゴ、リッキーさんはケーナと太鼓、それにアコースティックのベースギター。両脇の二人は、楽器を取り替えるために立ち位置を入れ替える。キャンディーズでミキちゃんとスーちゃんが入れ替わることは、考えられない。
情熱的な歌とギターは、どこか懐かしい感じがする。演歌だ。演歌のギターは、ラテンの味がある。
テーマ:生きるための歌 - ジャンル:音楽

あの記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://peacelive.blog119.fc2.com/tb.php/32-0933da63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
月別アーカイブ

最近の記事
プロフィール

Egami

Author:Egami
イラスト rupo乱
豊田勇造さんをメインに浦和でPeace Liveという音楽イベントをやっています。

リンク
PeaceLiveなつぶやき

ブログ内検索