ピースライブ 魂の出会い 五十嵐正史vs.よう介。芸術村のライブがCDになりました。勇造の息子ふたりが火花を散らしながら、熱く歌ったトリビュートライブ。 1000円※ピースライブ会場で販売

Peace Liveな日々

豊田勇造ライブつながりのミュージシャン、 役者のライブレポートとを載せていきます。

2017バナー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あるぽらんキネマ劇場VOL. 40『散りゆく花』

11月28日(日) あるぽらん’89(阿佐ヶ谷)

このところパッピーエンドではない映画や芝居をたて続けに観ている。その中で一番の衝撃が、91年前に作られた映画だなんて。
五十嵐正史さんは、いつも冒頭に歌って活弁にギターをつけるのだけど、この日はちがった。
片岡一郎さんが、活弁の道に入るきっかけとなった作品だという。
この作品ができた背景はミステリーであり奇跡ではないか。映画を撮るだけでも大変な時代に、海外ロケありで今よりも社会派の色が強い作品だ。
重いけど、アメリカの両親を信じたくなる作品だった。
五十嵐さんの「その日暮らしのラブソング」で終わって良かった。
だけど沖縄知事選の結果で、また落とされた。




テーマ:生きるための歌 - ジャンル:音楽

あの記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://peacelive.blog119.fc2.com/tb.php/297-f6fea626
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
月別アーカイブ

最近の記事
プロフィール

Egami

Author:Egami
イラスト rupo乱
豊田勇造さんをメインに浦和でPeace Liveという音楽イベントをやっています。

リンク
PeaceLiveなつぶやき

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。