ピースライブ 魂の出会い 五十嵐正史vs.よう介。芸術村のライブがCDになりました。勇造の息子ふたりが火花を散らしながら、熱く歌ったトリビュートライブ。 1000円※ピースライブ会場で販売

Peace Liveな日々

豊田勇造ライブつながりのミュージシャン、 役者のライブレポートとを載せていきます。

2017バナー

豊田勇造 3days

ある人から云われたこと
「その情熱の半分でも女性に向ければ…」
しかし気がつくと、3日間行ってしまった。
どうも僕だけだったみたい


6月18日(金) MandaLa2(吉祥寺)
>
勇造さんは、決して年齢に逆らっているわけではないと感じるのが「パクセー」という歌。今の勇造だからこそ、楚々とした言葉で歌が作れるのだと思う。続木徹さんのピアノも言葉を語っているように聞こえる。
「青函連絡船」は、僕の気持ちが欲しがっていた。続木さんのソロが聞けた。もっとやってもいいと思う。

6月19日(土) パサルキッチン(加須)

おもむろに「イマジン」、「それで十分」。昨年は複雑な気持ちで聞いた加須ライブ。でもずいぶん励まされた。ゆでたてのとうもろこしにハイボール。加須らしいのだろうか。ベトナムの蓮の花のお茶が売っていたので買う。この日、サッカーの試合。言わないと気づかないくらいの関心度なのだが、テレビがない生活をしているので見入ってしまった。

6月20日(日) Mojo(所沢)

勇造さんソロの日だけど、よう介さん、ソウブラの森田さんに、Mojoのマスターはハープがめちゃ上手い。
主催の佐久間さんは、姿が見えなくても笑い声で、存在がわかる人だ。やっと実現した勇造ライブは、場所にもお客さんにも恵まれて大成功。


テーマ:生きるための歌 - ジャンル:音楽

あの記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://peacelive.blog119.fc2.com/tb.php/207-3f6c6cfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
月別アーカイブ

最近の記事
プロフィール

Egami

Author:Egami
イラスト rupo乱
豊田勇造さんをメインに浦和でPeace Liveという音楽イベントをやっています。

リンク
PeaceLiveなつぶやき

ブログ内検索