ピースライブ 魂の出会い 五十嵐正史vs.よう介。芸術村のライブがCDになりました。勇造の息子ふたりが火花を散らしながら、熱く歌ったトリビュートライブ。 1000円※ピースライブ会場で販売

Peace Liveな日々

豊田勇造ライブつながりのミュージシャン、 役者のライブレポートとを載せていきます。

2017バナー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『孫文と梅屋庄吉』東京ギンガ堂

10月22日(日) 紀伊國屋ホール(新宿)
son

ライザ ミネリ主演の映画『ステッピング アウト』で、タップダンスができる役者を見ていて、本当の役者は、どんな芸でも身につけてしまうんだな、と思った。
東京ギンガ堂の芝居は、前回の『デージーが咲く町』に続いて、『孫文と梅屋庄吉』で役者全員でタップを踊るのが圧巻だった。梅屋庄吉とは日活の創始者だそうだ。史実自体は決して、明るい話ではない。そこを孫文にタップ。軽快な靴音で、生きる希望を表現している。
主演はあの太川陽介さんだ。元アイドルでも、今は役者として輝きを増している。
まさに太陽のような人だ。
東京ギンガ堂の芝居には、花房徹さんの独特の役作りが、無くてはならない。串間保さんもいつも、思うのだが素晴らしい役者だ。

あの記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://peacelive.blog119.fc2.com/tb.php/16-5433eef1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
月別アーカイブ

最近の記事
プロフィール

Egami

Author:Egami
イラスト rupo乱
豊田勇造さんをメインに浦和でPeace Liveという音楽イベントをやっています。

リンク
PeaceLiveなつぶやき

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。