ピースライブ 魂の出会い 五十嵐正史vs.よう介。芸術村のライブがCDになりました。勇造の息子ふたりが火花を散らしながら、熱く歌ったトリビュートライブ。 1000円※ピースライブ会場で販売

Peace Liveな日々

豊田勇造ライブつながりのミュージシャン、 役者のライブレポートとを載せていきます。


このページ内の記事タイトルリスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

碧(よう介 & take)、ほりちえ

5月26日(火) 鈴ん小屋(池袋)
0526ao_ringoya2.jpg
池袋はアクセスがいいのに、あいにくと残業になってしまった。乳酸菌の稽古に顔出さないうちに、もう公演までひと月ほどになってしまった。ちょっと気まずいが勇気をもって鈴ん小屋へ。
ちょうどステージにKAWAIのアップライトピアノが押し出されていた。この日は乳酸菌看板女優のほりちえさんが、初出演。歌を聞くのは、そうとう久しぶりだ。芝居の印象がつよいのは、乳酸菌最長在籍だからだけど、ピアノの弾き語りあってのほりちえさん。家族の歌は人柄そのものだ。
よう介さんは、電車好きのファンから電車の本をもらい興奮。そして急に『トレインブルース』を歌いたいと言い出した。予定にない曲でも相棒のtakeさんはあわてない。「僕ら変な音はだしませんから」と空気をこわした直前の出演者にくぎをさして、トークはハレンチ度低めで饒舌だった。アルバム『スタート』の中で僕も鈴ん小屋のマスターも僕も気に入っている『ジャパニーズ・ラスタマン』が聞けた。聞きたかった。
0526horichie_ringoya.jpg



スポンサーサイト
月別アーカイブ

最近の記事
プロフィール

Egami

Author:Egami
イラスト rupo乱
豊田勇造さんをメインに浦和でPeace Liveという音楽イベントをやっています。

リンク
PeaceLiveなつぶやき

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。