ピースライブ 魂の出会い 五十嵐正史vs.よう介。芸術村のライブがCDになりました。勇造の息子ふたりが火花を散らしながら、熱く歌ったトリビュートライブ。 1000円※ピースライブ会場で販売

Peace Liveな日々

豊田勇造ライブつながりのミュージシャン、 役者のライブレポートとを載せていきます。

2017バナー

このページ内の記事タイトルリスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊田勇造with続木徹、ストローハッツボーイズ、森田博

6月22日(日) MOJO(所沢)
IMG_0632.jpg
遅れて会場のMOJOに着くと『アンコールへの道』が始まっていた。ビレッジプレスの五十嵐さんがいた。主催の佐久間さんも久しぶり。受付を済ませ、所沢の地ビール、野老ゴールデンを注文した。埼玉で自慢できるものは、中南米マガジンと松田のマヨネーズにこの野老ゴールデンだ。うれしいことにMOJOではえびせんが食べ放題。ちょうど『アンコールへの道を』歌ってたところ「俺のポシェットをあけたのもこんな子やった」と、前を見ると子どもたちか陣どっている。会場の中ほどに大きな柱があって、ステージが見えにくくても家族連れが気軽に楽しんでいる。ソウブラの森田さんも柱の陰に。窓ガラスに映る姿を見ながら聞いた。
所沢のライブも気がつくと5年目だそうだ。今年もゲストはストローハッツボーイズ。ボーカルの人は橋下大阪市長に似ている。でも歌う姿はぜんぜんイカしている。
一抹のさびしさは、やっぱり自分がライブを休んでいるせいか。
ピアノの続木さんが「このあいだのマンダラ2は、いままで一番ええ音やったんやないかな」と言うと勇造さんも「ほんま、そやった」。う〜、行けばよかった。
MOJOにはいろいろなミュージシャンが演奏する。『傷だらけの天使』の井上堯之さんのチラシは衝撃だった。
IMG_0625.jpg
IMG_0630.jpg
スカッとさわやか、野老ゴールデン。店売りはちょっと値がはる。



スポンサーサイト
月別アーカイブ

最近の記事
プロフィール

Egami

Author:Egami
イラスト rupo乱
豊田勇造さんをメインに浦和でPeace Liveという音楽イベントをやっています。

リンク
PeaceLiveなつぶやき

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。