ピースライブ 魂の出会い 五十嵐正史vs.よう介。芸術村のライブがCDになりました。勇造の息子ふたりが火花を散らしながら、熱く歌ったトリビュートライブ。 1000円※ピースライブ会場で販売

Peace Liveな日々

豊田勇造ライブつながりのミュージシャン、 役者のライブレポートとを載せていきます。


このページ内の記事タイトルリスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐藤GWAN博

2月16日(土) ラ・カーニャ(下北沢)
GWANsan01.jpg
前半で宮沢賢治の『なめとこ山の熊』を朗読した。長い時間。気がつくと弾き語りとそう違いがないものを感じた。ギターを弾く姿勢も背筋をのばして、言葉も宮澤賢司の世界にかぶるものがある。『くじらの眠り方』『たんぽぽのお酒』などGWANさんの歌にでてくる動物は、聞いている人の心を察しているかのよう。
『マリー・ファラー』、松田優作に書いた『心臓のハードパンチ』もGWANさん一人だけのステージだと、ギターをBGMに朗読しているように感じた。
GWANsan02.jpg

気がつくと隣に独酔舎さんがいた。GWANさんの歌の話ができるのがうれしかった。
MrDokusuisya.jpg

スポンサーサイト
テーマ:生きるための歌 - ジャンル:音楽
月別アーカイブ

最近の記事
プロフィール

Egami

Author:Egami
イラスト rupo乱
豊田勇造さんをメインに浦和でPeace Liveという音楽イベントをやっています。

リンク
PeaceLiveなつぶやき

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。