ピースライブ 魂の出会い 五十嵐正史vs.よう介。芸術村のライブがCDになりました。勇造の息子ふたりが火花を散らしながら、熱く歌ったトリビュートライブ。 1000円※ピースライブ会場で販売

Peace Liveな日々

豊田勇造ライブつながりのミュージシャン、 役者のライブレポートとを載せていきます。


このページ内の記事タイトルリスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五十嵐正史とソウルブラザーズ

7月28日(日) 渋谷区地域生活支援センター(代々木)
LikkaLikka2012_1.jpg
暑い!ビールを飲みたいところだけど、売っていないので、かき氷をおかわり。
高速道路の真下なので、日差しが避けられて、少しの風でもありがたい。意外に高速からの音は気にならない。でも電車の音は強烈。そして、熱射病が多発しているのか救急車。しかし、音響機材はなかなかのもの。リッカリッカでなければ、この場所に留まってはいられない。お菓子やせっけん、手作りの小物が売られていて、その中で判子を作っている女の子が、いたので僕も一つ頼んでみた。
ライブの出演者は、おそらくこの場でしか出会えない人たちばかり、毎年ゴスペルを披露するグループ。純なフォークに、アコースティックパンク。ほとんどの人が福祉作業所で働いている。
浅田さんから「風見さんのアンプが壊れたのが、去年のこのステージ」といわれて風見辻造を思い出す。ソウブラはトリなので、メンバーはゆったりしたり、ステージの手伝いをしたりと、リラックスしている。仕事を終えてかけつけた梅田さんが合流。ゴールウェイガール」で野外を見立てアイリッシュパブに。そして「廃炉」では、偶然通りかかった外国人も見つめている。初めて聞いた「まだ見ぬ兆しを待ちながら」はここに集まった人を歌っているよう。東京の空から見ると小さなイベントかもしれないが、みんなで大切な砦を守っているようだ。
LikkaLikka2012_2.jpg


スポンサーサイト
テーマ:生きるための歌 - ジャンル:音楽
月別アーカイブ

最近の記事
プロフィール

Egami

Author:Egami
イラスト rupo乱
豊田勇造さんをメインに浦和でPeace Liveという音楽イベントをやっています。

リンク
PeaceLiveなつぶやき

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。