ピースライブ 魂の出会い 五十嵐正史vs.よう介。芸術村のライブがCDになりました。勇造の息子ふたりが火花を散らしながら、熱く歌ったトリビュートライブ。 1000円※ピースライブ会場で販売

Peace Liveな日々

豊田勇造ライブつながりのミュージシャン、 役者のライブレポートとを載せていきます。


このページ内の記事タイトルリスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊田勇造 with 続木徹

6月23日(土) パサルキッチン(加須)
yuzo-kazo.jpg
yuzo_konoumibrog.jpg
2年ぶりの加須ライブだった。三年前は癌告知の翌日が加須ライブだった。僕にとっては、思い出深いライブでもある。
大宮から東北線で久喜で、東武線に乗り換え加須駅へ。駅近くにリサイクルショップがあったのでのぞいてみると工具コーナーが広い。
うどんが名物らしいけど、一度も食べたことはない。パサルキッチンにつくと、河西、ゴリさん、岡安さんが迎えてくれる。東松山のちくまさん、きゃささんもやってきた。収穫したばかりのジャガイモをひと袋いただく。
パサルキッチンは、おしゃれなレストラン、バー。そこを借り切ってPAと照明も入れて、続木徹さんがゲストだ。お客さんがいっぱいにならないと、青ざめてしまうところだが、さすが地域のネットワークがしっかりしている。土浦のこうたろうさん一行もきている。勇造さんのライブを主催する人は面白い。来年は勇造ライブの主催者ばかりをビデオで撮ってみるか。
「三人の旅人」、「大文字」、「青函連絡船」に続木さんのピアノは、涼しい風のように入ってくる。僕は続木さんの指運びをかぶりつきで見ていた。
最後にひとりで勇造さんとの出会いを話し始めた。
「京都に行くと、必ず進々堂にいきますよ」と僕。続木さん「ありがとうございます」
「ネットでLP「ネプチューン」買いました」「いゃーもう聞きたくもない」
今日のライブは出会った頃の拾得に戻っていたのでは。

スポンサーサイト
テーマ:生きるための歌 - ジャンル:音楽
月別アーカイブ

最近の記事
プロフィール

Egami

Author:Egami
イラスト rupo乱
豊田勇造さんをメインに浦和でPeace Liveという音楽イベントをやっています。

リンク
PeaceLiveなつぶやき

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。