ピースライブ 魂の出会い 五十嵐正史vs.よう介。芸術村のライブがCDになりました。勇造の息子ふたりが火花を散らしながら、熱く歌ったトリビュートライブ。 1000円※ピースライブ会場で販売

Peace Liveな日々

豊田勇造ライブつながりのミュージシャン、 役者のライブレポートとを載せていきます。

2017バナー

このページ内の記事タイトルリスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐藤GWAN博・佐久間順平

11月28日(土) ラ・カーニャ(下北沢)

佐久間順平さんに、花房徹さんが亡くなった時のピースライブ読本をずっと渡したいと思っていた。GWANさんと花房徹さんと僕でのろで打ち合わせしたときに、偶然いたのが佐久間順平さんなのだ。余計なことかもと思いながらライブを聞き、渡すべきかやめようかと考えていた。僕のことも覚えていないかも知れない。順平さんはバッキングのつもりでやってきたが、GWANさんは3曲ほど歌って客席に行ってしまう。どこか高田渡さんに似ていた。演歌のアレンジや学校の校歌なども作っている。順平さんの多面的な活動を知ってよかった。バイオリンが聞きたいと思っていたら弾いてくれた。
ステージが終わって読本を差し上げた。キョトンとしていた。僕の気持ちは清しいもの。
スポンサーサイト

佐藤GWAN博、佐久間順平、シバ、高田渡、柄本明

12月28日(日) 東京乾電池アトリエ(下北沢)

「このつながりだ」と合点がいった。花房徹さんのお通夜に集まったひとりに柄本明さんがいた。毎年年末に東京乾電池のアトリエでGWANさんのライブがあったのは知ってはいたけど、なんで東京乾電池なのか。その昔、自由劇場という劇団があった。柄本明さん、ヴォードビルショーの坂本あきらさん、そしてGWANさんは名門の俳優座から。それも主役級ばかりがそろった花の15期生だ。中村勘三郎さんと歌舞伎も共演する笹野高史さんは、個性の強い役者に囲まれてどうしていいか迷ったと言っていた。花房徹さんのおかげでこの日のライブが楽しみだった。
実は昼間は、東松山の蚕小屋でもちつきをしたきた。その時もらった大根3本を手提げに入れて会場へ。すでにライブは始まっていた。なんと入り口前にいたのは柄本明さんだった。「荷物もちましょうか」と大根が入ったかばんを持とうとするので、断ってあわてて受付へ。
GWANさん、佐久間順平さんにシバさんが出ていたのはうれしい。高田渡さん特集のような進行で高田漣さん。
終了後、吉祥寺へ移動。のろの扉を開けると満席状態だった。これが毎日続いたらといいですねというと加藤さんは「そしたら今頃店しめて飲みにいっちゃうよ」とのことだ。

佐藤GWAN博、佐久間順平

8月11日(土) ラ・カーニャ(下北沢)
0811gwan_junpei.jpg
佐久間順平さんを初めて見たのは、MANDALA2での高田渡さんのライブだった。寡黙なサポートギタリストといった感じだった。言った曲名と、違う曲をやろうとする高田渡さんに、戸惑いながらも、ギターを弾いてた。いわゆるフォークギターをこんなに自在に弾ける人がいることに驚いた。
恒例GWANさんのラ・カーニャライブでは、サポートというより、ジョイントだった。歌うし、ギターはもちろん。バイオリン、マンドリンもすべての弦がクリアに聞こえる。作詞もするなんて初めて知った。トークも饒舌。高田渡さんと、友部正人さんとアイススケートをした話は笑えた。
ガットギターのGWANさんと、スチール弦の順平さんのバランスも絶妙だ。ギターが巧くて、素朴な歌が続く。こんな上質のライブ、友達を誘ってくるんだった。
終演後、感動が消えぬうちに、吉祥寺「のろ」へ。実は前日、ソウブラの面々と飲んだばかり。マスターの加藤さんと、さしで話ができた。ミュージシャン評は基本辛い。だけど愛がある。


テーマ:生きるための歌 - ジャンル:音楽
月別アーカイブ

最近の記事
プロフィール

Egami

Author:Egami
イラスト rupo乱
豊田勇造さんをメインに浦和でPeace Liveという音楽イベントをやっています。

リンク
PeaceLiveなつぶやき

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。