ピースライブ 魂の出会い 五十嵐正史vs.よう介。芸術村のライブがCDになりました。勇造の息子ふたりが火花を散らしながら、熱く歌ったトリビュートライブ。 1000円※ピースライブ会場で販売

Peace Liveな日々

豊田勇造ライブつながりのミュージシャン、 役者のライブレポートとを載せていきます。

2017バナー

このページ内の記事タイトルリスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キタンチャリー2DAYS

10月16日(土) 明治公園(新宿)
キタンチャリーの人たちとの2日間は、忙しかったけど、さわやかな風を吹かせてくれた。こんな面白いツアーに同行できるなんて、白石孝さんありがとうございます。
この前々日に来日。僕は明治公園に向かう途中で偶然、合流できた。キタンチャリーとスリンさんの妹さんも来ている。この日はまず「反貧困」の大集会に出演。明治公園周辺にもホームレスがいて、歩きながら見てきた。
タイの民主化運動の場で歌ってきたキタンチャリーにとっては、むしろ本領発揮の場では。


「官製ワーキングプア」のブースでリハーサル。

音響はいま一つだけど、マイペンライ。はじめて聞く人がほとんどのはずだけど、ステージ前に集まって聞き入っていた。



集会のラストは、キタンチャリーも一緒にプラカードをかかげた。

かけこみ亭(谷保)

通訳とゲストのあどぅんさんはピンの弾き語り。天使そのものの娘のたまこちゃん。


イーサン食堂では、「オキナワ」と名乗り、あどぅんさんには「ソウルマンブラザーズ」と呼ばれていた五十嵐正史とソウルブラザーズ。キタンチャリーとすぐに意気投合。


かけこみ亭のオーナーぼけまるさん。円山で乱入して、自分の店でやらない手はない。


小さな会場で、じっくり聞くのも良い。ナームさんのソーは、人の心を惹き付ける。


キタンチャリーの「ドゥアンペン」と、ソウブラの満月はキーがちがった。無理してうたう五十嵐さん。


全員で「花」。スリンさんは、日本語で歌っていた。

10月17日(日) 東久留米市役所プラザホール


他の部屋でクラッシックが始まるのでタイトな時間割り。PAとの音のチェックが大変だったけど、無事にスタート。


この日も、ゲスト・通訳のあどぅんさんのバンドと一緒に



打ち上げ会場にて、おしぼりで作った、あひるたち。


お疲れさまでした。これから、長野、関西をめぐる予定。




スポンサーサイト
テーマ:生きるための歌 - ジャンル:音楽
月別アーカイブ

最近の記事
プロフィール

Egami

Author:Egami
イラスト rupo乱
豊田勇造さんをメインに浦和でPeace Liveという音楽イベントをやっています。

リンク
PeaceLiveなつぶやき

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。