ピースライブ 魂の出会い 五十嵐正史vs.よう介。芸術村のライブがCDになりました。勇造の息子ふたりが火花を散らしながら、熱く歌ったトリビュートライブ。 1000円※ピースライブ会場で販売

Peace Liveな日々

豊田勇造ライブつながりのミュージシャン、 役者のライブレポートとを載せていきます。

2017バナー

このページ内の記事タイトルリスト

劇団チャリカルキ『麗しララバイ』

6月7日(日) 㐂よし(蕨) 6月8日(月)/あるぽらん’89(阿佐ヶ谷)

蕨駅東口から焼き鳥の㐂よし(きよし)を目指す。5分とかからないけど、細い路地に入るとちょっと殺伐とした空気。途中コンビに寄ると、浴衣姿のご婦人がいた。どこかの料亭の女将か。そもそも蕨に料亭があったっけ。なんとこの日にゲスト出演する講談師の田辺銀冶さんだった。2、3年前は女の子っぽかったけど、すっかり貫禄がついていた。
翌日の阿佐ヶ谷あるぽらんのゲストは、本格アイリッシュポップバンドとなったモンローではないか。
注目は店主の演技。㐂よしの石塚さんと、あるぽらんの佐々木さん。どちらも骨っぽい人格。
チャリカルキの演目は、自分のこととだぶって感情移入できた。帽子好きのお母さんのこと、ヒーローショーの思い出。10年目の旅公演もまだ1ヶ月以上続く。メンバーもそれなりに年齢を重ねて、ビーグル大塚さんのストーリーも年々ねちっこくなっている。面白かった。
02_0607kiyoshi.jpg
03_0608arupo.jpg
04_0608arupo.jpg
05_0608arupo.jpg





真夏のキャロル ~栗宇治さんの居場所~

6月22日(火) あるぽらん89(阿佐ヶ谷)

劇団チャリカルキ
脚本:ビーグル大塚
演出:チャーリー軽木
出演
ビーグル大塚
森耕平
菅野さおり
青木若菜
佐々木店長

ステージと客席の境界のない、居酒屋で展開する芝居。芝居がしかっりしていないと、客の目はごまかせない。目を閉じるとテンポの良い会話劇だ。ストーリーも意外な展開で、文句なしだ。ビーグル大塚さんの才能に脱帽。
地方の居酒屋をいくつも回るというから、これぞ役者。

テーマ:生きるための歌 - ジャンル:音楽
月別アーカイブ

最近の記事
プロフィール

Egami

Author:Egami
イラスト rupo乱
豊田勇造さんをメインに浦和でPeace Liveという音楽イベントをやっています。

リンク
PeaceLiveなつぶやき

ブログ内検索