ピースライブ 魂の出会い 五十嵐正史vs.よう介。芸術村のライブがCDになりました。勇造の息子ふたりが火花を散らしながら、熱く歌ったトリビュートライブ。 1000円※ピースライブ会場で販売

Peace Liveな日々

豊田勇造ライブつながりのミュージシャン、 役者のライブレポートとを載せていきます。

2017バナー

このページ内の記事タイトルリスト

知念良吉・李政美

1月24日(日) 東京琉球館(駒込)
Ryokichi_jonmi.jpg
もしかしたらガンに打ち勝ったのは、これを観ずに死ぬわけにはいかない定め。僕にとっては勇造さんと友部さん以来のスーパージョイントライブ。開演直前に琉球館についたがなぜか一番前の席が空いていた。ちょんみさんに“江上さん大丈夫でしたか”と聞かれ、緊張。蚕小屋の餅つきで飲み過ぎて横になってしまった話。僕の名前を覚えてもらって、うれしい。僕はちょんみさんの、歌を聞いていると涙があれてしまう。女性の歌い手で注目する人はいないそうだ。男性では豊田勇造さんと知念良吉さんときっぱり言った。この日は宜野湾市長選の投票日でもあった。予想はしていたけど残念な結果。島袋マカト陽子さんも、知念さんも気がそぞろ。ゲストはギターとマンドリンは矢野敏広さん、ちょんみさん寄贈のピアノを竹田裕美子さんが弾いた。小さなスペースに豪華な面々。琉球館でないと実現しないライブ。ここで聞きたいのはちょんみさんの『えんどうの花』。そしてこの曲だけギターを弾いた『京成線』。二人の共演は『あさとやゆんた』だった。うつ気味のときもあるという知念さんに「女はうつになっているひまなんかないよ」と、ちょんみさんしか言えないよ。
打ち上げはもちろん、陽子さんの手料理。短時間に10人前以上作った。マジックだ。

月別アーカイブ

最近の記事
プロフィール

Egami

Author:Egami
イラスト rupo乱
豊田勇造さんをメインに浦和でPeace Liveという音楽イベントをやっています。

リンク
PeaceLiveなつぶやき

ブログ内検索