ピースライブ 魂の出会い 五十嵐正史vs.よう介。芸術村のライブがCDになりました。勇造の息子ふたりが火花を散らしながら、熱く歌ったトリビュートライブ。 1000円※ピースライブ会場で販売

Peace Liveな日々

豊田勇造ライブつながりのミュージシャン、 役者のライブレポートとを載せていきます。

2017バナー

このページ内の記事タイトルリスト

豊田勇造+矢野敏広+五十嵐正史とソウルブラザーズ

10月25日(日) あるぽらん’89(阿佐ヶ谷)
1025alpolan-2.jpg
その日の勇造さんは鼻息が荒かった。おもむろに「今日は放送禁止ソング特集です」と言った。ラジオ番組『音楽夜話』で「サラ金ブルース」をかけてもらえなかったからだという。佐野元春君とは言ったけれど、小室等さんに敬称はなかった。それかから歌うわ歌うわ数々の禁じられた歌を。その中の一曲は200%放送禁止間違いなし。
これは僕が吉祥寺マンダラ2の勇造さんのライブに通いはじめた20年以上前のこと。もしかしたら初マンダラ2だったかもしれない
そして時は流れ、阿佐ヶ谷のあるぽらんで、安倍首相に怒りをぶつけ、再び「放送禁止ソング特集」となった。「サラ金ブルース」、「さらば愛しき大地」、「背中」とつづく。阿佐ヶ谷ならではの穏やかな雰囲気の中で、でるか「あの歌」。
オープニングを飾ったソウブラに、一番前の席がまるで僕を待っていたかのように空いていた。「抵抗の歌」の振りは、阿佐ヶ谷のよっちゃんこと、吉川望さんも参加してくれた。
ライブのあと勇造さんは「あの歌やろうと思ったんやけど…」。ピースライブで知り合った人が埼玉から来ていたので、ホッとした。ソングブックにも載っていないのでタイトルも知らないけれど、「あの歌」のは今でも鮮明に覚えている。
1025alpolan-1.jpg
1025alpolan-3.jpg


月別アーカイブ

最近の記事
プロフィール

Egami

Author:Egami
イラスト rupo乱
豊田勇造さんをメインに浦和でPeace Liveという音楽イベントをやっています。

リンク
PeaceLiveなつぶやき

ブログ内検索