ピースライブ 魂の出会い 五十嵐正史vs.よう介。芸術村のライブがCDになりました。勇造の息子ふたりが火花を散らしながら、熱く歌ったトリビュートライブ。 1000円※ピースライブ会場で販売

Peace Liveな日々

豊田勇造ライブつながりのミュージシャン、 役者のライブレポートとを載せていきます。

2017バナー

このページ内の記事タイトルリスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森田博さん、ひろ子さん結婚パーティ

3月15日(日) のろ(吉祥寺)
写真は、飯浜ゆきこさん撮影。
森田博さんと、ひろ子さんの晴れの結婚パーティー。それも会場は吉祥寺のろだ。結婚式など苦痛でしか思ったことがない僕にとって、こんな微笑ましい会に参加できることが、何よりもうれしい。再婚の森田さんは、つらいことがあったとしてもステージではギターに集中し、ライブが終わるといつも笑顔。
いつ頃からかひろ子さんが、ライブでビデオカメラで撮影するようになって、ソウブラもやっとネット時代に追いついてきた。彼女は劇作家でもある。乳酸菌とは対極に座する芸術系。この日は、その劇団のメンバーも参加。そして飯浜ゆきこさんも。
森田さんは、東浦和のピースライブに一人できてくれたことがあって、よう介さんと初遭遇。僕にはうれしいの時間だった。よう介さんが森田さんのギターを認めているのは、言葉にしなくてもよくわかった。そこには風見辻造もいた。五十嵐正史さんとの対決につながる第一歩となったと感謝している。
僕は森田さんにフェンダーの本をプレゼントしたことがある。ほどなくストラトキャスターにのめり込む彼に、影響を与えたかなと、ほくそえんでいた。
しかし、この日持ち込んだソウブラの歴史を刻んだギブソンだった。その目的は勇造さんの『夜を重ねて』を歌うこと。リーダー五十嵐さんももまだやったことがないかも。
のろでソウブラのフルメンバーでできると思っていたが、この日、初めてやったが普段はフルメンバーで並ぶのは物理的に無理だと理解できた。
気持ちよく酔った僕は、電車を心配して先に帰るも、西国分寺で森田夫妻が僕を見つけてくれた。末永くお幸せに。
morita4.jpg
morita5.jpg



スポンサーサイト
月別アーカイブ

最近の記事
プロフィール

Egami

Author:Egami
イラスト rupo乱
豊田勇造さんをメインに浦和でPeace Liveという音楽イベントをやっています。

リンク
PeaceLiveなつぶやき

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。