ピースライブ 魂の出会い 五十嵐正史vs.よう介。芸術村のライブがCDになりました。勇造の息子ふたりが火花を散らしながら、熱く歌ったトリビュートライブ。 1000円※ピースライブ会場で販売

Peace Liveな日々

豊田勇造ライブつながりのミュージシャン、 役者のライブレポートとを載せていきます。

2017バナー

このページ内の記事タイトルリスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちくわ朋彦、ちくわぶ

2月22日(日) クークーバード(北浦和)

1月24日の「教育の貧困2015」で会って、北浦和のクークーバードのライブに行きますと、ちくわさん本人に言った。もっとも会う前からチラシを作り名前は知っていた。偶然クークーバードに出ていることを知った次第。約束を実行する日にクークーバードに遅れて行くと、「ちくわぶ」という男女のユニットが演奏していた。おでんのネタつながりで、ちくわさんと関係あるのかなと思ったら、独自に活動する夫婦だった。旦那のほうはジャンゴ・ラインハルトような小気味よいギター、奥さんの明るいシャウトはとても聞きごたえ、見応えありだった。
ちくわ朋彦さんは教育の貧困2015のステージのように、ソロかと思ったら、意外にもギターも加わった二人編成で、リズムボックスやシンセもありだった。開場は僕がカウンターのすみの席に座り満席。キンミヤのお湯割りならば、すぐに出してもらうる。弾き語りでたっぷり聞きたかったけど、スケジュールをみると連日どこかで歌っている。クークーバードには特別な思いをもっているのがわかる。奥さんがデザインしたというCDを売りながら、歌で生活している。ちくわぶも同じく。
0222chjkuwabu.jpg


スポンサーサイト
月別アーカイブ

最近の記事
プロフィール

Egami

Author:Egami
イラスト rupo乱
豊田勇造さんをメインに浦和でPeace Liveという音楽イベントをやっています。

リンク
PeaceLiveなつぶやき

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。