ピースライブ 魂の出会い 五十嵐正史vs.よう介。芸術村のライブがCDになりました。勇造の息子ふたりが火花を散らしながら、熱く歌ったトリビュートライブ。 1000円※ピースライブ会場で販売

Peace Liveな日々

豊田勇造ライブつながりのミュージシャン、 役者のライブレポートとを載せていきます。


 風見辻造はいつまでも心の中に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちくわ朋彦・甲斐哲郎・ぜち

11月12日(土) 居酒屋ちどり(北浦和)

久しぶりのちくわさん。恵比寿様のような帽子に黒の丸メガネで、照屋林助さんのようだ。ふつうに歌うのかなと思っていたら何と好きなマンガを語るでトークの時間があるという。そのためいつもよりオープンが早い。
甲斐哲朗さんはクークーバードでも名前だけは知っていたけど、聞くのは初めて。そしてなぞのシンガーぜちさん。北九州の人だ。北九州と聞いてわくわくした。以前もちくわさんは北九州の藤井邦夫さんというシンガーを連れてきたことがある。今でも耳に残っている独特の歌、ギター。お客さんといえば、クークーバードの常連ばかり。平成生まれのマスターの千鳥くんは忙しくなると思って、臨時のヘルパーを頼んでいる。あまり忙しくならないようだけど、嫌な顔一つせず。ここでは僕が最年長だと落ち込んだところにやってきたリンダさん。もう一人先輩。
ちくわさんと甲斐さんでひとしきり歌って休憩。甲斐さんは吟遊詩人のような空気を漂わせている。
トークコーナーで持ち寄ったマンガは知らないものばかり。普段マンガを読まないので仕方ない。やっと出たと思ったら山田花子。『カムイ伝』を読んでいる人、少ない。世代差を感じた。
最近、ちどりでは「神亀」を置いている。僕にはとてもうれしいこと。
ぜちさんの歌。やっぱり北九州。政治倫理条例銀座だ。いかがわしい中でも飄々と生きている。福岡、博多との違いが何となく感じることができる。「ぜち」という名の由来は傑作だった。これはライブで本人から聞いてほしい。ライブ後、いつの間にか僕のイラストを描いている。全編マンガのフリーペーパーまで作っている。北九州の線。細かいけど図太い神経を感じた。一冊いただく。
ちくわさん、居酒屋ちどりになっても歌ったのは『クークーバードの鳴く夜は』。
「教育の貧困2016」コンサートではスタッフが少なくて音響まで担当の予定。「五十嵐さんたちが一番難しいですよ」というので「適当でいいですよ」と言ってしまった。
IMG_1619.jpg
甲斐哲郎さん
IMG_1623.jpg
ぜちさん
IMG_1624.jpg
ぜちさんが描いた僕。



スポンサーサイト

飯浜ゆきこ

11月10日(木) マンダラ2(吉祥寺)

マンダラ2のドアを開けるとバイオリンの音が聞こえてきた。以前にも聞いたことがあるシンガーが夫婦で出演していた。奥さんがバイオリンを弾く。山梨の方。昨年も共演して飯浜さんのことをとても印象に残っているとしみじみ話した。いい夫婦だと思った。お客さんは少なかった。飯浜さんは、冬の装い。

五十嵐正史とソウルブラザーズ

10月15日(日) gee(国分寺)

甲府帰りのまま、国分寺に着くといかにもおしゃれな場所だった。以前にも五十嵐さんから誘われた場所。その時は、行かなかった。自分たちで作ってきたステージ、もしくは市民集会にゲストで呼ばれるなど。師匠豊田勇造の背中を追いかけてきた。ソウブラがおしゃれなライブハウスに出ることで果たして、そこに何か感じるものはあるだろうか。そんなことも考えたがもう結成26年。もうどんなステージでも変わりようがない。国分寺でもどこでもつきあおう。共演者を見た「ここはかけこみ亭」かって思えたほど。悪いけど決してマンダラ2では見たくない人。そんな人を受け止められるのが国分寺なのかも知れない。やさしいママさんは陸前高田のジョニーを思い出した。

戒厳令の夜

10月15日(日) 桜座(甲府)

甲府に劇場があると知ったのは、ネット検索。今年はサントリー山崎蒸留所に行けなかったので、山梨の白州のサントリーに行きたい。どこに泊まろうかと調べていた。見つけた桜座。昔の芝居小屋が再生された建物だ。
ただ墓掃除をして帰るだけの甲府行きをわくわくさせてくれる。ライブを中心に様々なイベントをやっていたが日程的に一番近いのが映画『戒厳令の夜』だった。ライター竹中労の没後25周年のイベントだ。この映画のプロデューサーが竹中労で原作は五木寛之。僕は竹中労の本は一冊も読んでいない。五木寛之の本は翻訳で『かもめのジョナサン』のみ。ではなぜこの映画を観たいというとテーマ曲が好きだ。『五木寛之の夜』というラジオ深夜放送のテーマ曲がこの映画のテーマ曲。しかし映画の方は何か付け足し、付け足しでどんどん違う作品になっていく。終わっても拍手は起こらなかった。竹中労は甲府では名士らしい。僕は沖縄音楽の普及に努めていたことをはじめて知った。

飯浜ゆきこ

12月12日(水) マンダラ2(吉祥寺)

大停電で東京は大混乱。らしい。その原因となった火災は僕の職場のそばだった。新座市野火止。だけどまったく気づかなかった。都内にいた飯浜さんも気がつかなかったそうだ。電車が遅れなくても平日のマンダラ2はお客さんが少ない。しかし、ステージを見てくれるお客さんのために自分のすべてをぶつけるのが本当のミュージシャン。
月一で飯浜さんを聞きにいくと少しずつ季節は変わる。ライトに照らされた秋色のコスチューム。
季節は飯浜さんにとって心ざわめくものか。シリアスな歌を聞くことが多々ある。『かわいい羊』『ナイフ』にグサっとやられた。ことさら秋を歌っているわけでもないのに、秋の夕暮れの中風景が心に浮かぶ。そうすると『夜のプール』も秋の歌なのかと思えてくる。久しぶりに聞いたような。
月別アーカイブ

最近の記事
プロフィール

Egami

Author:Egami
イラスト rupo乱
豊田勇造さんをメインに浦和でPeace Liveという音楽イベントをやっています。

リンク
PeaceLiveなつぶやき

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。