ピースライブ 魂の出会い 五十嵐正史vs.よう介。芸術村のライブがCDになりました。勇造の息子ふたりが火花を散らしながら、熱く歌ったトリビュートライブ。 1000円※ピースライブ会場で販売

Peace Liveな日々

豊田勇造ライブつながりのミュージシャン、 役者のライブレポートとを載せていきます。

2017バナー
 風見辻造はいつまでも心の中に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五十嵐正史とソウルブラザーズ

12月9日(土) スペースC(大森)
IMG_2306.jpg
この日の大事なミッションは、電動車椅子のあねごに僕のドキュメンタリー映画の出演をお願いすること。ハラハラした。
ベースの浅田さんがいないライブ。早くもどってきてほしい。BGMでジョン・レノンのマインドゲームがかかっていた。
五十嵐さんが僕とのつきあいを15年ぐらいというのは、長女の茜さんの歳とだぶるからだ。早い。前田悠平さん、一段とティンホイッスルが上手くなっている。
IMG_2310.jpg


スポンサーサイト

蚕小屋ライブ

12月2日(土) 竹間家蚕小屋(東松山)
IMG_2299.jpg
『蚕の夢』公開後の蚕小屋ライブ。僕を映画監督として紹介してくれた。そしてこの映画がきっかけとなったかどうかは知らないが、ソウブラの五十嵐さんと森田さんが蚕小屋のステージに初めて立つ。もっと以前に出会ってもいいのに。初遭遇は僕も緊張。映画にでてくる土浦の兄妹は大きくなっていた。敬語つかうし。
IMG_2298.jpg
IMG_2303.jpg
IMG_2301.jpg




今は昔、栄養映画館

12月1日(金) 小劇場楽園(下北沢)

実はこの芝居には縁があって、今回で3度目だ。最初は94年ぐらいだに柄本明さんと石橋蓮司さんで下北のスズナリで観た。もちろん目当ては石橋蓮司さん。なんてねちっこい本だよ。柄本の作だとばかり思った。次が2009年でこのブログにもしっかり書いた。花房徹さんが阿佐ヶ谷ラピュタに主演したことがあった。いっしよにあるぽらんで飲みたい。そんなことばかり考えていた。ここまで竹内銃一郎の名前は意識してない。
そして今回、若い役者二人でこの演目に挑むということで、特に感慨はない。ただこの作者竹内はすごい。役者に対してしかけている。どれがベストということもない。みんな違っていた。この本を膨らますのは役者次第。願わくば10年後にもう一度観てみたい。もっと深くなるはず。

吉元優作

11月29日(水) 居酒屋ちどり(北浦和)

IMG_2295.jpg
居酒屋ちどりの前に数人で立ち話ししている人がいた。その中の一人が吉元さん。髪を束ねているのでわからなかった。クークーバードと同じように大阪から北浦和まできてくれるのが、うれしい。
「たーちゃん」をリクエスト。この歌を聴くとどんべえが食べたくなる。「風につらつら」を聞いていると大阪のふつうの何でもない町を歩いてみたくなる。

夜久一

11月24日(金) 居酒屋ちどり(北浦和)
IMG_2293.jpg
スタートの時間になっても数人の客。それでも表情ひとつ変えず、いつものように歌い始めた。
達観している。売れてほしいような、このままでていほしいとも思う。


月別アーカイブ

最近の記事
プロフィール

Egami

Author:Egami
イラスト rupo乱
豊田勇造さんをメインに浦和でPeace Liveという音楽イベントをやっています。

リンク
PeaceLiveなつぶやき

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。